ニキビ肌ケア

ニキビ予防になる栄養素!

このページではニキビ予防になる栄養素を取り上げています。食生活に取り入れニキビ対策につなげていきましょう。

ではどんな栄養成分がいいの?

・たんぱく質、アミノ酸

・ビタミンC

・ビタミンB2とB6

・食物繊維

これらの栄養素を規則正しい食生活をしながら積極的に取り入れてましょう。

たんぱく質・アミノ酸

アミノ酸の集合体であるたんぱく質、体、血液、皮膚、毛などをつくっている大切な3大栄養素の一つです。

たんぱく質が消化酵素によって分解されアミノ酸として腸から吸収されますと、体、血液、皮膚、筋肉、毛などを作るだけでなく新陳代謝にも欠かせない栄養素として働きます。

この新陳代謝は肌のターンオーバーでも発揮、ニキビ原因である毛穴詰まりを予防します。

たんぱく質を含む食材

鶏肉、魚、卵、大豆、乳製品など。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進、肌代謝をアップさせる!

ビタミンCは、シミの原因でもあるメラニンの生成を抑えることでも知られているビタミンですが、肌の代謝や再生力をあげる栄養素でもあるのです。

ビタミンCは、体内に長時間蓄積されませんので、毎日摂るようにしましょう!

ビタミンCは、水に溶けやすい水溶性ビタミンですから、ゆでるときは短時間でサッと ゆでます。

電子レンジもおすすめです。 またフルーツをジュースにする場合は、つくったらすぐに飲みましょう。

ビタミンCを多く含む食品

ブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、キャベツ、小松菜、ほうれん草、レモン、 アセロラ、甘柿、キウイ、イチゴ、オレンジ、はっさく、グレープフルーツ他

ビタミンB2とB6

皮脂分泌をコントロールするビタミンB群

ビタミンB2とB6を一緒に摂る事!

ビタミンB群のなかでも、ビタミンB2とB6は、皮膚の粘膜を保護する働きがあり肌の健康に欠かせない栄養素です。

ビタミンB2は、皮膚や爪、毛髪の発育にも深く関わっています。

これが不足すると、肌あれ、口内炎などができたり、皮脂の分泌がスムーズにおこなわれないことがあります。

ビタミンB6は、皮脂の分泌をコントールする働きがあります。

肌が脂っぽくブツブツができた時は、ビタミンB6の不足を疑ってみましょう。

なかなか治らないにきびを予防する為にも、ビタミンB2、B6は役に立ちます。

ビタミンB2とB6は協力しあって皮脂量を抑えようと働きかけます。

また、どちらかが不足していると、過剰な皮脂分泌を防ぐ働きも弱り、ひいてはニキビを悪化させることも考えられます。

両方のビタミンをバランスよく補いましょう。

ビタミンB2を多く含む食品

牛レバー、カレイ、サバ、鶏卵、納豆、チーズ、牛乳など

ビタミンB6を多く含む食品

玄米、牛レバー、鶏ささ身、豚もも肉、牛もも肉、カツオ、サケ、納豆など

食物繊維

腸内環境を整える食物繊維。

私達の腸の中には、100種類100兆個の腸内細菌が棲んでます。

美容の手助けをしてくれるのが ビフィズス菌や乳酸菌です。

これらの菌は、免疫力をつけたり、ビタミンを合成したり、 消化吸収を手助けしたりする美容にとても必要な菌なのです。

しかし、何かの原因で腸内フローラが乱れると、悪玉菌が勢力をまし腸内環境が悪化して突然ニキビになることも!

ビフィズス菌や乳酸菌の好物である食物繊維を摂りましょう。

おすすめ食品

さつまいも、かもちゃ、ごぼう、こんにゃくなどの根野菜、穀物、海藻類、納豆など。

更新日:2020年9月10日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信