スキンケア、肌の潤いバランス対策ページへ

HOME > 肌の潤いバランスとは

肌を綺麗にする潤いバランスとは

このページでは、美しい肌に欠かせない「潤いバランス」について解説しております。

キメが整った綺麗な肌にかかせない潤い成分、角質層内の存在するすべての保湿成分が十分に満たされてないといけません。

 

普段ご利用の基礎化粧品、特に化粧水は重要になってきます。

潤いバランスがつくれる化粧水であるか確かめましょう。

潤いバランスが良い肌状態とは

肌の一番上の層を角質層(かくしつそう)と呼びます。

角質層には水分保持能力があり、20%前後の水分を保持することができ、これによってキメが整った綺麗な肌になります。

 

その水分保持機能を担っているのが、「天然保湿因子(NMF)」「細胞間脂質(セラミド)」と呼ばれる保湿成分です。

 

潤いバランスのよい肌とは

この2つの水分保持機能成分が、角質層内にバランスよく存在している状態を言います。

皮膚と角質層の構造図

 

角質層の存在する天然保湿因子

 

天然保湿因子(NMF)

角質細胞内にある水溶性の成分で、吸湿性がきわめて高く一度とらえた水分を離さず角質層の中に閉じ込めておく性質をもったアミノ酸塩です。

 

主な構成成分は、アミノ酸類(約60%)、乳酸、尿素、クエン酸塩などで、いずれも水分をかかえこむ力があり、肌をみずみずしく保つという重要な役割を果たしているのです。

 

しかし、なんらかの原因、例えば肌のターンオーバーが乱れた状態になると、NMFの主要成分が作れずにアミノ酸量が正常時の3分の1程度にまで減っていると言われています。

アミノ酸は肌の潤いバランスの要と言っても過言ではありません。

 

細胞間脂質(セラミド)

角質層の細胞と細胞の間にあるのが『セラミド』と呼ばれる脂質で、角質細胞をつなぎ合わせる糊のような働きがあり、水分保持機能や外からの異物の侵入を防ぐバリアゾーンの要になります。

 

セラミドは、新陳代謝の過程で作られる「細胞間脂質」で、約30%の水分を抱え込み、みずみずしくキメの整ったしっとりとした肌にします。

 

しかし、セラミドの生成は加齢とともに弱って不足がちになります。

また、肌荒れなど肌トラブルによって奪われやいので、普段から良質なセラミドを補う必要があります。

肌に必要なセラミドとはを参照ください

 

肌の潤いバランスを整えるには、どんな成分が必要なのかお解かり頂けましたでしょうか。

アミノ酸をはじめとする天然保湿因子やセラミドは、肌の調子を整えるのに欠かせない成分なのです。

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケアの基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

 

▲ このページのトップへ