お肌の常在菌

皮膚常在菌をコントロールして美肌へすすもう

常在菌の表皮ブドウ球菌

人には色々な細菌が棲みついているのをご存じですか?

『常在菌(じょうざいきん)』と呼ばれ、

よく耳にする「乳酸菌」とか「ビフィズス菌」などで、これらの細菌は腸内の中に棲みつき、私達の健康向上に貢献しています。

常在菌は消化管、口腔、膣、そして皮膚にも、あらゆる体表面に定着をし、ある時は人間の体を守ったり、ある時は少し悪さをして困らせたりしているのです。

今回は皮膚に棲む常在菌にフォーカスを当て、どんな働きをしているのか知り、育菌から美肌への道を深めていきます。

皮膚常在菌の役割

肌には色々な細菌が棲みついていますが、

その中でも美肌に貢献する「表皮ブドウ球菌」 と 「アクネ桿菌」という菌が棲みついています。

表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は角質細胞の表面や隙間などに棲みついており、汗や皮脂を発酵分解して弱酸性物質の「脂肪酸」と肌の保湿成分となる「グリセリン」を生みだしています。

表皮ブドウ球菌が皮脂を食べ脂肪酸を作っているイメージ

脂肪酸を生みだしてくれるおかけで肌表面は弱酸性の抗菌ベールに覆われ、悪さをする細菌やカビ菌の繁殖や活動を抑えることができるのです。

グリセリンは角質細胞内に存在している天然保湿因子と混ざり合いながら肌の保湿に貢献しています。

肌の弱酸性化(抗菌)と保湿という働き、そして顔に多く棲みついているので、表皮ブドウ球菌は『美肌菌』と呼ばれています。

アクネ桿菌

ニキビで悩んでいた方には悪いイメージしかないアクネ桿菌。

酸素を好まない嫌気性の菌のため、毛穴の奥に棲んでいます。

アクネ桿菌は皮脂が大好物。

毛穴に皮脂が貯まり詰まってしまうと、酸素は薄くなりエサが豊富になる状態。

アクネ桿菌の好条件がそろい過ぎより増殖して活発になって、リパーゼという酵素や脂肪酸を必要以上に作ってしまいます。

アクネ桿菌が作った代謝産物が毛穴から排出されればいいのですが、毛穴内に留まると、組織内に浸透して炎症を起こすします。

これがきっかけでニキビがどんどんひどくなっていくのです。

ですが、毛穴ケアが正しくできていれば本当は美肌に貢献してくれる美肌菌なのです。

毛穴に棲みついているアクネ桿菌は、皮脂腺から分泌された皮脂を分解し脂肪酸という弱酸性物質を作り、肌のバリア機能に貢献しているのです。

表皮ブドウ球菌よりもさらに数が多いので、アクネ桿菌を上手くコントロールしてあげることが大切になってきます。

皮膚常在菌の生態系を乱さないこと

表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌は美肌に貢献してくれる菌ですが、良い働きをする菌だけが棲んでいる訳ではありません。

黄色ブドウ球菌というやっかいな菌も棲みついています。

表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌が減少すると肌がアルカリ性に傾きます。

するとアルカリ性を好む黄色ブドウ球菌という細菌が活発になり、肌表面を荒らしたりひどい場合はちょっとしたキズでも皮膚炎にすることがあります。

皮膚以外にものどや鼻の中、ホコリの中にも存在していて、食べ物の中で増殖すると食中毒になるなど、暴れ出すと体にも肌にも良くない原因をつくる、それが黄色ブドウ球菌という菌です。

ですから美肌の味方である表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌を上手にコントロール、育菌して黄色ブドウ球菌の動きを抑えなければいけません。

具体的にはどんなケアを心がればよいでしょうか。

皮脂バランスを整える洗顔と適度な保湿ケアをしましょう。

一番気をつけていただきたいのが洗い過ぎです。

肌にとって悪玉菌である黄色ブドウ球菌を気にするあまり、洗浄力の強い洗顔料や抗菌作用のある洗顔料で清潔第一主義の洗顔はおすすめできません。

表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌という善玉菌も棲みついていることを忘れないでください。

何か一つの菌を見るのではなく、常在菌全体のバランスを見て洗うことが大事。

奪い過ぎない程度で除菌をする、ある程度の菌を残しつつ新しい菌を増殖させるという新陳代謝を繰り返すことが育菌となります。

善玉菌のエサとなる皮脂もそうです。

取り過ぎずにある程度は皮脂を残すことで、新鮮な皮脂を常在菌に与えることが育菌になります。

毛穴の角栓や汚れが気になるから、油分や界面活性剤がたっぷり入ったクレンジング、ピーリング洗顔、毛穴パックなど、強い洗浄力は皮脂腺に刺激を与えます。

その影響で皮脂分泌が必要以上に盛んになったり、もしくは弱ったり。

常在菌の活動源となるエサの需要と供給バランスを乱すことは、育菌とはなりません。

肌だけでなく皮脂腺にも優しい洗顔料で皮脂の質と量を意識した洗顔をしましょう。

アルカリ性の石鹸は常在菌のバランスを乱す意見もあるようですが、石鹸ぐらいの弱アルカリ性では殺菌の効果もありませんし、肌には「アルカリ中和能」という短時間で弱酸性の状態に戻す復元力が備わっています。

適度な運動はある程度筋肉に刺激を与えることで体力がつきます。

それと同じで、負担のない刺激で肌力をつけることが常在菌の棲みやすい環境を整えることにつながるのです。

肌の乾燥はよくありませんが保湿のやり過ぎもダメ。

肌が乾燥すると常在菌が生息しずらいですがオイルたっぷりのクリームを補うのもよくありません。

善玉菌のエサとなる皮脂、育菌をするには新鮮で上質な皮脂が一番です。

その為には皮脂を作っている皮脂腺に刺激を与えないことです。

人工のオイルや界面活性剤は皮脂腺にとっては苦手な成分、できれば肌に存在している保湿成分、アミノ酸、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどが配合された化粧水や保湿液で肌の保湿をコントロールしましょう。

これでも肌の乾燥が治まらない場合、また冬などの乾燥シーズンは、油分控えめのクリームなどで対応しましょう。

皮脂腺の少ない顔のV字ラインや口元、目元などは肌の状態を見ながら適量を、皮脂腺が多いT字ラインはできるだけ少なくするなどきめ細かいスキンケアをしましょう。

今回は皮膚に棲みついている常在菌についてフォーカスしました。

美容の要である肌のバリア機能は、細菌との共存共栄が成り立っているというこです。