敏感肌スキンケア、肌のバリア機能高める対策ページへ

HOME > 敏感肌のスキンケア > バリア機能

敏感肌対策はバリア機能のアップが必要

季節の変わり目、ストレスや疲労の蓄積などで急に今までの化粧品が合わなくなった!

とい声はよく聞きます。

そしてはじめて敏感肌になっているのではと気づく人も多いようです。

 

敏感肌は肌本来のバリア機能の低下が原因です。

では、敏感肌対策としてバリア機能を高める為のスキンケアを説明します。

 

バリア機能を高めるスキンケア

毎日欠かさずお肌のお手入れをしています。

敏感肌になった時、何に注意して、そして具体的にどのような集中ケアをすればよいでしょうか。

敏感肌を解消させるポイントとは!

1、角質層内に存在している保湿成分をバランスよく補うスキンケア

2、ターンオーバーを規則正しくして、角質層を正常な薄さに保つスキンケア

 

敏感肌予防はバリア機能を高めること

正常な角質=バリア機能

解説図のように、角質層が正常ならばバリア機能も正常に働き、敏感肌になることはありません。

 

スキンケアでは、角質層内に存在する天然保湿因子やセラミドをバランスよく化粧水で補ってあげることがまず先決です。

 

肌が本当に必要としている保湿成分とは何か?

これを理解して日頃から敏感肌対策のスキンケアをしましょう。

 

次にターンオーバーを正常にして角質層を正常な薄さに保つ

 

ターンオーバーが正常な肌

生まれ変わりを助けるケア

肌は毎日生まれ変わっています。

その周期は、20~30代で28日サイクル(ターンオーバー)と言われています。(40代で約40日)

 

このターンオーバーを正常にするためには、肌の上層部である角質層に負担をかけるスキンケアをしてはいけません!

 

例えば、洗浄力の強いメイク落としや洗顔、ゴシゴシ擦る肌摩擦、それと年に何回が問合せがありますが、ピーリング洗顔のやり過ぎもダメです。

 

角質層が薄くなりすぎたり、またその逆で分厚くなる角質肥厚を起こしてしまいますと、敏感肌に傾きます。

「角質層の薄さを0.02㎜の正常値にする!」 この意識で毎日スキンケアをしましょう。

 

基本は、肌や皮脂腺に刺激を与えない洗顔と、角質層内に存在する保湿成分をバランスよく補うことです。

 

ターンオーバーを促進する潤い成分とは

最近アミノ酸が美容や健康維持にと注目されています。

その理由は、細胞を活性化させる働きがあり、アンチエイジングとして内面や外面ケアとして効果が期待されるからです。

 

そこで、肌のターンオーバーを促進させるおすすめの保湿成分をご紹介します。

それは、シルクや乳清に含まれるアミノ酸を複合した深呼吸うるおいの活肌アミノ酸です。 

基礎化粧品SILKは、この活肌アミノ酸の機能性を最大限いかしたスキンケア商品です。

 

敏感肌カテゴリーの一覧

敏感肌になる原因は

体質の悪化で敏感肌になることも

クレンジングの使用法と注意点

敏感肌の洗顔法とは

敏感肌を解消されるうるおい成分とは

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

おすすめの集中ケア化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

便秘対策におすすめの逸品

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ