優しいクレンジング

クレンジングの短所と肌に優しいクレンジング

アミノ酸でメイク落とし

敏感肌、乾燥肌で悩んでおられる方が、なぜクレンジング選びに迷ったり、苦労して探した商品なのに「私の肌に合うのだろうか?」と疑ってしまうのでしょうか。

それは
『クレンジングに入っている界面活性剤が肌に悪い』
という思いがちらつくからではないでしょうか。

美容専門家のあいだでは、
『界面活性剤の配合量にふれ、少ない方が肌に優しいクレンジング』
と言っています。

また皮膚科医の宇津木 龍一先生が執筆された「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」を拝見しますと、界面活性剤による洗い過ぎについて警鐘を鳴らしておられます。

こう見ると界面活性剤はあまり良いイメージが持たれていませんし、この記事を書いている私もそう見ています。

であるならば、界面活性剤に代わる優しい成分、例えば肌に近いアミノ酸で代用すれば、もっと優しいクレンジング商品になるのではと思っている次第です。

このページではクレンジングの色々な短所を洗い出しながら
『本当に優しいクレンジングとは何か?』を鮮明にしていきます。

そして最後の項目では、納得していただけるおすすめの商品を紹介しています。

アンケート調査から垣間見えるクレンジングの問題

このグラフは、ご注文フォームにある新規のお客様用のアンケートをまとめたものです。

肌悩み別フラフ

グラフが示す通り、乾燥肌は6割、敏感肌は5割となっており、2011年2018年、2度調査しましたが結果はほぼ同じ、スキンケアが進化していない現実が垣間見えます。

本来なら肌の調子を整えたり潤いを与えるのが基礎化粧品の役割、にもかかわらず乾燥肌や敏感肌がなぜ多いのでしょうか?

空気の乾燥、メイクや紫外線による肌疲れ、そして精神面や体調コンディションなど内面的要素も考えられますが、主となる原因は “日ごろ使っているクレンジングにあり” と見ています。

肌を優しく労わるよりメイク落としを最優先とした洗浄主義の商品構成

アブラ汚れ(不必要になったメイク)も落とすが肌の保湿成分も奪い取る

スキンケアをしているようで実はスキンケアをしていない

これらの歪みが乾燥肌や敏感肌を生み出していると考えられます。

解決策として、メイクを落としつつスキンケア本来の役割、保湿と労わりができるクレンジングが求められます。

クレンジングはみな同じ!?

クレンジング

メイク落とし専用のクレンジング、色々なタイプのモノがあります。

大まかに分類しますと下記の5つに分れます。
・シートタイプ
・オイルタイプ
・ジェルタイプ
・クリームタイプ
・ミルクタイプ

見た目やテクスチャに違いがあっても主成分は油分界面活性剤で構成されており、ただ配合量が多い・少ないの違いがあるだけです。

そこで肌に優しい目安として下記のような比較表を見かけます。

クレンジングの種類別と洗浄力と刺激性の比較表

この比較表を見れば、いかにもクリームやミルクタイプのクレンジングは刺激性が弱く肌に優しいイメージを与えます。

しかし100点満点の正しい答えではありません。

この刺激目安はシートやオイルタイプを基準とした場合であって、

肌本来のバリア機能が弱っている敏感肌を基準に見た時、

あるいは純石けんと比較した時、

クリームやミルクタイプであっても油分や界面活性剤を利用してメイクを落としていることに違いはなく、石鹸よりも洗浄力が強いので決して肌に優しいとは言えないのです。

また中途半端な洗浄力は、メイク落ちが悪くその分肌をこする度合いも激しくなり、肌への刺激が増します。

解決策として、石鹸と同じくらい優しくて、尚且つクレンジング力はジェルタイプ以上のものが求められます。

「界面活性剤」が肌の刺激になる

クレンジングの主成分は油分であり界面活性剤です。
特に界面活性剤はメイク落としには欠かせない機能面に優れた成分です。

しかし機能面に優れているが故に肌への刺激が懸念されています。

それは、肌のバリア保湿成分を奪う、毛穴奥にある皮脂腺に刺激を与え肌本来のバリア機能を乱してしまうというリスクです。

肌のバリア保湿成分

肌のバリア成分とは、肌上にある皮脂膜、角質内にある天然保湿因子細胞間脂質で、この3大保湿因子がバランスよく存在してこそバリア機能は保たれます。

このバリア機能を乱してしまうのが界面活性剤です。
反発する水と油を混ぜ合わせる界面活性剤、乳化作用以外にも浸透力にも優れています

この浸透力がクセもので、角質内にある天然保湿因子や細胞間脂質を奪いとってしまうリスクが高いのです。

バリア成分が奪われ敏感肌になっていく

普通肌の方なら多少奪われても気にならない程度でも、乾燥肌や敏感肌にとっては大きな刺激になるのは言うまでもありません。

解決策として、界面活性剤に頼らずメイク落としができる、そんな商品が求められます。

天然由来なら肌に優しい!?

迷う女性

「石油系の界面活性剤は刺激が強いが天然由来の界面活性剤なら肌に優しいので大丈夫」という解説文を見かけますが、メイク落とし用に加工したりっぱな合成であり、乳化力も浸透力もかなり強いですから肌に優しいとは限りません

さらに付け加えると、石油系界面活性剤を配合したクレンジング商品は稀で、いかにも市場に多く販売されているかのようなフェイク情報やイメージ戦略に惑わされないことです。

メイクを落とす時の肌こすりが刺激

メイク落とし

クレンジングを使ってメイクを落とす時、どうしても肌を擦らなければなりません。

擦る動作には必ず摩擦が生じ、肌を刺激します。

肌と指先の滑りが悪ければ悪いほど摩擦刺激は増し、さらに界面活性剤という洗浄剤が加われば、肌への負担は最高潮に達します。

下手をすれば保湿成分の略奪だけでなく必要な角質細胞でさえ剥がしてしまうことだってあるのです。

解決策として、肌滑りがよく摩擦を感じない、尚且つこの状態が2~3分続くテクスチャのクレンジングが求められます。

肌に優しいクレンジングの条件

気持ちいメイク落とし・洗顔

では肌に優しいクレンジングの条件をおさらいしましょう。

・油分や界面活性剤が少ない、もしくは配合されていない

・メイク落ちがよい、できればジェルタイプ以上

・メイクを落としながら保湿補給ができる

・毛穴な皮脂腺に刺激を与えない

・こする時の摩擦刺激がないもの

・W洗顔が不要

・優しさの目安は石鹸

この条件がすべてそろったクレンジングがあれば最高です。

おすすめのアミノ酸クレンジング

この商品、「シーエルケイクレンジングジェル」と言います。

アミノ酸クレンジング

まずは配合成分を見てください。

↓容器に記載してある配合成分
SILKクレンジングジェルのs成分表示

化粧品類は、配合量の多い順に商品や化粧箱に記載しなければならない法律があります。
(但し1%未満は順不同でも可)

配合量の多い順から、水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、アルギニン、加水分解シルク、・・・となっています。

アルギニンまでが1%以上で主成分となります。

グリセリン、BG、ペンチレングリコールは敏感肌用の化粧水でも配合されている安全性が高く肌に優しい保湿成分。

そしてアルギニンは、体や肌細胞をつくっている20種類のアミノ酸の一つで、化粧品では保湿成分としてよく利用されています。

このように油分も界面活性剤も主成分に入っておりません

1%未満の成分、加水分解シルク以下をみても化粧水などでよく使われる保湿成分ばかり、保湿成分と言えないのは、カルボマー、コカミドDEA、ココイルアルギニンエチルPCAの3種類のみ。

カルボマーは粘性を高めるため、コカミドDEAとココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系の界面活性剤で、各成分の分散化と品質安定の為に、つまり一般化粧水で配合されている界面活性剤(配合率1%未満)と同じ使用目的です。

正真正銘、98%は保湿成分で、

「これぞ肌に優しいクレンジング」

と声を大にしてPRいたします。

「でもこの内容でメイクは落ちるの?」

こんな疑問が沸くと思いますが、それが不思議とよく落ちます。
具体的に示すなら市販のジェルなみ、いやそれ以上かもしれません。

さらにアミノ酸を豊富に含んだ垂れにくいジェル、肌滑りが抜群で摩擦刺激をまったく感じることなく楽しんでメイク落としができます。

詳細につきましては

SILKクレンジングの詳細へ

をご覧ください。

スキンケアの世界ではまったく目立たず見つけにくい存在位置にありますが、偶然にもこのページにたどり着いたあなた様、これぞネット検索のだいご味であり、巷にはない大発見と感動する出会いになることを心から願っております。

文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信