優しいクレンジング

肌に優しいクレンジングを見つけるには!

優しさの真実を見抜く眼力を!

クレンジングを見る

「お肌に優しいクレンジング」というキャッチフレーズをよく見かけますが、皆さんは何を目安に『これは優しい』と判断されていますか?

✓ 化粧品のブランドイメージ

✓ 無添加とか天然由来の配合成分

✓ ミルクやクリームタイプ

✓ 専門サイトや美容家が推奨する物

他にも色々あるでしょうが、結局のところ『クレンジングの本当の正体』を知らなければ、納得のいく探し物は見つからないと思います。

つまり、“クレンジング剤による肌刺激” があるからこそ「肌に優しいクレンジング」というキーワードが頻繁にまた強調して使われている訳で、このキーワードに潜む “真実と偽りを見抜く眼力” をつけることです。

統計から読み取るクレンジングの正体

このグラフは、ご注文フォームにある新規のお客様用のアンケートをまとめたものです。

肌悩み別フラフ

グラフが示す通り、乾燥肌は6割、敏感肌は5割となっており、2011年2018年、2度調査しましたが結果はほぼ同じ、スキンケアが進化していない現実があります。

本来なら肌の調子を整えたり潤いを与えるのが基礎化粧品の役割、にもかかわらず乾燥肌や敏感肌がなぜ多いのでしょうか?

空気の乾燥、メイクや紫外線による肌疲れ、そして精神面や体調コンディションなど内面的要素もあるでしょうが、主となる原因は “日ごろ使っているクレンジングにあり” と見ています。

「肌に優しい」という言葉を使った戦略でクレンジングの洗浄力や洗い過ぎ刺激をひた隠している、皆さんがこの真実に気づかなければ、5年、10年後でも敏感肌や乾燥肌の統計数値は変わらないでしょう。

タイプの違うクレンジングでも中身はみな同じ!?

クレンジング

メイク落とし専用のクレンジング、色々なタイプのモノがあります。

大まかに分類しますと下記の5つに分れます。

シートタイプ

シートに油分や合成界面活性剤を染み込ませ、ふき取りながらメイクを落とします。場所を選ばす時短という手軽さもありますが、こする刺激と洗浄力が肌リスクとして跳ね返ってこないでしょうか?。

オイルタイプ

油分が多く、その分界面活性剤も多めに配合されています。落ちにくいポイントメイクも簡単におちるほど洗浄力があります。肌をこすらずメイクが簡単に落ちるので刺激が少ないという見方もできますが、肌を守っている保湿成分はどうなるのでしょうか?

ジェルタイプ

水性と油性タイプがありますが、界面活性剤が比較的多く配合されています。肌への摩擦刺激が軽減されるジェル状で肌にも優しそうな使用感ですが、界面活性剤に頼れば頼るほど肌の潤い成分を奪うので心配です。

クリームタイプ

クリーム状のテクスチャなので肌への摩擦刺激がなく肌に良さそうなイメージはあります。しかし、油分や界面活性剤が含まれている為、バリア機能が弱っている敏感肌、保湿維持能力が弱っている肌には十分考慮しなければなりません。

ミルクタイプ

水分が多め、洗浄力が弱いので比較的肌に優しいと言われいます。しかしミルクといっても洗浄成分は油分や界面活性剤を利用してメイクを落とします。「比較的」という言葉は微妙で、「肌に優しい」と捉えるべきでしょうか?

以上、タイプ別のクレンジングを簡単に説明しましたが、見た目やテクスチャに違いがあっても主成分は油分界面活性剤で構成されているのです。

「油分」と「界面活性剤」の洗浄力が肌に負担を与える

クレンジングの主成分は油分であり界面活性剤です。

この2つの成分、「油分」と「界面活性剤」が協調し合うと洗浄力が増し、肌のバリア成分を奪ったり、毛穴奥にある皮脂腺に刺激を与え肌本来のバリア機能を乱してしまう、そういったリスクがあるのです。

肌のバリア保湿成分

肌のバリア成分とは、肌上にある皮脂膜、角質内にある天然保湿因子細胞間脂質、この3大保湿因子がバランスよく存在してこそバリア機能は保たれます。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる乳化作用以外にも浸透力にも優れています

この浸透力がクセもので、角質内にある天然保湿因子や細胞間脂質を奪いとってしまうリスクがあるのです。

バリア成分が奪われ敏感肌になっていく

普通肌の方なら多少奪われても気にならない程度でも、乾燥肌・敏感肌の方にとってはその影響は大きく、さらにひどくなる場合もあります。

天然由来の界面活性剤なら肌に優しい!?

迷う女性

「石油系の界面活性剤は刺激が強いが天然由来の界面活性剤なら肌に優しいから安心」という解説文を見かけますが、メイク落とし用に加工したりっぱな合成であり、乳化力も浸透力もかなり強いですから肌に優しいとは限りません

さらに付け加えると、石油系界面活性剤を配合したクレンジング商品は少ないですし、石油系・天然由来系の原料価格も販売価格に影響を与えるほど価格差はない、これが化粧品業界の現状です。

基準や目線によって優しさをごまかす

上記の説明でクリームタイプやミルクタイプは比較的洗浄力が弱く刺激も少ないと説明していますが、それはシートタイプやオイルクレンジングを基準とした場合です。

クレンジングの種類別と洗浄力の比較表

基準となる目線をあげることで優しさを錯覚させる!

肌本来のバリア機能が弱っている敏感肌を基準に見た時、

あるいは純石けんと比較した時、

クリームやミルクタイプのクレンジングでも油分や界面活性剤を利用してメイクを落とす、それは “洗浄力が強い” ことを意味し、メイクを落とす度に肌にとって最も大切な保湿成分を、バリア成分を、自らの手で削り落としていることに気づいてほしいのです。

保湿成分が優しい主力ではない

保湿成分

肌に優しいクレンジングを探していますと、配合している保湿成分を強調して、“優しい”をイメージ化しています。

具体例をあげますと
「ヒアルロン酸、セラミド、◆●▲エキスなどの保湿成分を配合、肌に潤いを与えながらメイク落としができます。」

皆さん、この解説文に疑問を持ちませんか?

乳化力や洗浄力のある界面活性剤が10%前後入っているクレンジング、メイクはきれいに洗い流しても保湿成分は肌に残る!?

「保湿成分=肌に優しい」、これもイメージ戦略と言っていいでしょう。

保湿成分を配合することで、確かにソフトなタッチ・優しい使用感にはなりますが、界面活性剤の機能が強ければ強いほど、配合量が多ければ多いほど、クレンジングに配合されている保湿成分の本来の働きは低くなり、いや全く効果を発揮しない場合だってあります。

クレンジング後でもしっとりしている、それは配合量の多い油分が残留しているからで、 「しっとり=肌に優しい」ではありません。

肌上はごまかせても中身(肌内)は保湿成分が奪われインナードライ!
肌内の水分が低下すれば、ターンオーバーは乱れ、さらに乾燥肌や敏感肌になるのです。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などを強調していても、ほぼすべてが1%未満の配合率、優しい主力の成分ではありません。

それに比べ油分や界面活性剤の配合率は数倍~10倍以上でクレンジングの主成分、これが真実です。

肌に優しいクレンジングの条件

ここまで「肌に優しい」というキーワードに潜む“偽り”を説明してきましたが、印象操作的な宣伝が常習化している昨今、肌に優しいクレンジングを見つけるのは至難の業なのかもしれません。

そこで分かりやすいように、肌に優しい条件を箇条書きにしました。

気持ちいメイク落とし・洗顔

・油分や界面活性剤が少ない、もしくは配合されていない

・メイク落ちがよい

・肌の潤い成分を奪わない

・毛穴な皮脂腺に刺激を与えない

・こする時の摩擦刺激がないもの

・時間を気にせず丁寧にメイク落としができる

・W洗顔が不要

この条件がすべてそろったクレンジングがあれば最高です。

おすすめのクレンジング

この商品、「シーエルケイクレンジングジェル」と言います。

アミノ酸クレンジング

配合成分は98%が保湿成分、市販のクレンジングに含まれている油分や洗浄界面活性剤は不使用で、本物の優しさにこだわったメイク落とし専用の商品です。

まずは配合成分を見てください。

↓容器に記載してある配合成分
SILKクレンジングジェルのs成分表示

化粧品類は、配合量の多い順に商品や化粧箱に記載しなければならない法律があります。
(但し1%未満は順不同でも可)

配合量の多い順から、水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、アルギニン、加水分解シルク、・・・となっています。

アルギニンまでが1%以上でこのSILKクレンジングの主成分です。

グリセリン、BG、ペンチレングリコールは化粧水などでよく利用されているメジャーな保湿成分で、敏感肌用の化粧水にも配合されています。

そしてアルギニンは、体や肌細胞をつくっている20種類のアミノ酸の一つで、化粧品では保湿成分としてよく利用されています。

加水分解シルク以下1%未満の成分をみても、化粧水などで使われる保湿成分ばかり、保湿成分と言えないのは、カルボマー、コカミドDEA、ココイルアルギニンエチルPCAの三つ。

カルボマーは粘性を高めるため、コカミドDEAとココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系の界面活性剤で、各成分の分散化と品質安定の為に、つまり一般化粧水に含まれる界面活性剤と同じ使用目的です。

正真正銘、98%は保湿成分で、「肌に優しいコンセプト」を追求した商品です。

では肝心のクレンジング力は?
保湿成分ばかりで本当にメイクは落ちるの?

こんな疑問が沸くと思いますが、不思議とよく落ちます。

詳細説明につきましては

SILKクレンジングの詳細へ

をご覧くださいまませ。

スキンケアの世界ではまったく目立たず見つけにくい存在位置にありますが、偶然にもこのページにたどり着いたあなた様、これぞネット検索のだいご味であり、巷にはない大発見と感動する出会いになることを心から願っております。

文責:シルキーズ 新井貴信