敏感肌スキンケア、原因・対策・基礎化粧品対策ページへ

HOME > 敏感肌のスキンケア

敏感肌のスキンケア、それはバリア成分を守ること!

まず健康な肌と敏感肌の違いを比較してみます。

健康な肌状態

外敵刺激をブロックする

肌には「バリア機能」があります。

細菌や汚れなどに触っても入浴しても体に変化がないのは、体内に侵入を防ぐバリア機能があるからです。

その最前線が肌表面である『角質層』。

 

この角質層が正常なら敏感肌になることはありません。
(アレルギー体質は除く)

 

しかし、何かの原因で角質層が乱れると・・・?

敏感肌の状態

外敵刺激が肌内に入り込む

角質層が荒れるとバリア機能が弱り、細菌や汚れ、刺激成分が侵入しやすくなります。

そして神経細胞はこれらの刺激に反応。

これが敏感肌です。

 

この比較から分かるように肌の敏感度は、角質層の良し悪しで決まります!

この良し悪しのカギをにぎっているのが、角質層に存在している3大バリア成分です。

肌の3大バリア成分

1、肌表面を覆っている皮脂膜

2、角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)

3、角質細胞をつないでいる細胞間脂質(セラミド)

この3大保湿因子、肌のバリア維持に欠かせない成分で、これらのバランスが乱れてしまうと肌のバリア機能は低下して敏感肌になってしまいます。

皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質が減少して敏感肌へ

 

あなたは毎日のスキンケアで3大バリア成分を本当に大切にしていますか?

ここに視点を当てながら説明していきたいと思います。

気づきがあれば見直してください。

 

今ご使用の化粧品は大丈夫!?

NG

肌が敏感だからといって、「無添加やオーガニック」、「この成分はダメ」と固執し過ぎるのはどうかなぁー?と思います。

天然由来の成分でも人工成分でもアレルギー反応は出る時は出ますし、人工成分の方が不純物がなく安全性が高いとも言われています。

また無添加化粧品やオーガニックの定義もあいまいですし、肌に優しいスキンケアをしたからといって敏感肌が解消される訳でもありません。

 

敏感肌になったのは、あくまでも肌の潤いバランスや角質層の新陳代謝が乱れてバリア機能が弱った結果です。

 

なぜバリア機能が弱ったの?

洗い過ぎによるもの

不要な角質の処理法

過保護な保湿のスキンケア

 

毎日しているスキンケアが実は3大バリア成分を奪い過ぎていたり角質層の新陳代謝(ターンオーバー)に悪影響を与えていた可能性があるのです。

みんながしているから、常識だから、これら全てが正しいとは限りませんよ!

 

洗い過ぎに気づいていない!

洗顔のやり過ぎ?

洗い過ぎとは、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料で必要以上に3大バリア成分(皮脂膜・天然保湿因子・セラミド)を奪ってしまうことを言います。

いつも使っている基礎化粧品が、肌のターンオーバーを乱しバリア機能を弱めていた可能性があるのです。

 

本当に敏感肌でも大丈夫?

「ミルククレンジングだから、クリームタイプだから安心!」

でもオイルが入ってます。オイルが入っているといことは界面活性剤も当然入ってます。

思っている以上に3大バリア成分を奪っていることも考えられます。

 

「洗顔料は肌に優しい固形石鹸をつかっているから安心!」

石鹸はアルカリ性で洗浄力は強いですよ!

洗浄力が一番弱いのは、肌と同じ弱酸性のアミノ酸洗顔料です。

 

古い角質ケアに意識が少ない!

不要な角質は刺激から肌を守った副産物として毎日発生しています。

色々な刺激で不要な角質が作られるイメージ

できれば『その日にできた角質はその日に処理をする』これが理想です。

 

しかし、上記の洗い過ぎの説明と矛盾してますが、敏感肌だから優しい洗顔を心がけるとかえって古い角質を残してしまうことがあります。

不要な角質が残るとターンオーバーは乱れバリア機能も弱ります。

またバリア成分の天然保湿因子や細胞間脂質はターンオーバーの過程で作られますので、常に肌の新陳代謝は整えておく必要があります。

 

理想はあくまでも洗浄力が弱く、尚且つ優しく角質ケアができる洗顔料が敏感肌におすすめです。

 

過保護な保湿ケアはかえって敏感肌に!

「肌が敏感だから保湿は欠かせない、だからこのクリームをたっぷり使っているの!」

これがターンオーバーの妨げになっているのです。

 

保湿力のある化粧品、特にクリーム類に配合されている油分は浸透せずに肌表面に付着し糊のようにこびり付いています。

これでは不要な角質は剥がれず、必然と角質が分厚くなりキメが粗く乾燥しやすい状況に!

もしくはその逆で、不要な角質を取ろうとすると必要な角質細胞までごそっと一緒に剥がれてしまいます。

乾燥肌と敏感肌は表裏一体、肌が乾燥すればバリア機能も低下します。

 

保湿を重視するのは肌表面ではなく、角質層内の水分保持です。

角質内の水分が保たれれば、ターンオーバーも整いバリア機能も強化!

その為にも角質内にある保湿成分、「天然保湿因子(NMF)」や「細胞間脂質(セラミド)」を補いましょう。

 

敏感肌にはSILK化粧品を!

角質代謝、3大バリア成分を意識したおすすめのスキンケア化粧品がここにあります。

アミノ酸のクレンジング

洗い過ぎ、肌に刺激を与えてしまうのがクレンジング剤の宿命、

ここに切り込み

肌疲れゼロにチャレンジ!!

 

洗い過ぎは敏感肌の大敵!でもメイクは優しく落としたい!

水性ジェル

シーエルケイクレンジングジェル

オイル、アルコール、洗浄剤はカット!完全水性ジェルにこだわりました。

メイクを落とす洗浄成分は、肌内に存在しているアミノ酸の一種「アルギニン」を利用しています。

肌、皮脂腺への負担リスクを抑えながらメイク落としが可能、クレンジング力は平均以上です。

シルクをはじめ天然由来の保湿成分を配合、潤いを感じながらメイク落としができますので敏感肌にはおすすめです。

詳細はこちら

 

アミノ酸の洗浄成分でも普通のメイクなら簡単に落ちる!

クレンジングジェルSILKを使っての実験

 

石けんより優しい洗顔料

洗浄力はできるだけ弱く、でも角質ケアや汚れは優しく完璧に取る優れもの。

目覚め洗顔

シーエルケイ素肌ソープ(洗顔料)

洗浄成分は洗浄力が一番弱いアミノ酸系で、洗い過ぎや皮脂腺への負担を軽減するように構成しています。

それでも洗顔料としての使命は果たす!

それはシルクパウダーによる繊細で絶妙な職人技を取り入れているからです。

詳細はこちら

 

下記の解説図をご覧ください。

シルクパウダーが不要な角質だけを取るイメージです。

洗顔後はお肌がつるっつるに、化粧水の浸透性もアップして代謝の基礎作りへ。

 

シルクパウダーの職人技

角質ケア洗顔スベスベ肌で化粧水の浸透がよくなる

洗顔後、化粧水をいかに効率よく浸透させるかが代謝・保湿・美肌のカギ

 

敏感肌だからこの保湿成分を!

 

皮膚と角質層の構造図

保湿と言えば、まっ先に角質内にある天然保湿因子(アミノ酸他)細胞間脂質(セラミド他)を補うことです。

 

アミノ酸たっぷり化粧水

天然保湿因子に近い活肌アミノ酸を配合!

活肌アミノ酸

シーエルケイ素肌ローション

シルクアミノ酸に乳清のビタミンとミネラルを加えた「活肌アミノ酸」が潤い&代謝バランスを整えます。

角質層に存在する天然保湿因子に近い成分だから浸透力は抜群!洗顔後、素肌深呼吸が実感できます。

詳細はこちら

 

天然セラミド配合の保湿液

細胞間脂質に近い天然セラミドを配合!

保湿バリア

シーエルケイ保湿ローション

肌表面はシルクパウダーで防御、内側からは天然セラミドでキメを整えて防御する保湿液。

その他肌力を底上げする天然由来の成分を贅沢に配合、エイジングケアの必須アイテムで美容液に劣らない品質です。

詳細はこちら

 

一度限りの嬉しい特典

はじめての方はこちらから

キャンペーン特別セット

SILK基礎化粧品4点セット(14,688円相当)が
5,000円(税・送料込)

初めてご使用の方は、返品・返金保証付き(使用後30日以内)

お試しセットから

 

敏感肌カテゴリーの一覧

敏感肌になる原因は

体質の悪化で敏感肌になることも

アミノ酸クレンジングだからこそ敏感肌におすすめ

敏感肌の洗顔法とは

敏感肌を解消させるうるおい成分とは

バリア機能を高めるには