セラム クレンジング特長を見る対策ページへ

HOME > クレンジングおすすめ比較一覧 > セラム クレンジング

ボタニカルの優しさを感じながらメイク落とし

シェルゥームさんの

「セラム クレンジング」

を紹介します。

ボタニカル美容液クレンジング|国産オーガニック|シェルゥーム≪公式≫


キャッチコピーを見てみると、

植物力で

落とす、うるおす。

“洗浄力”と“やさしさ”を両立

植物由来の美容液成分で、保湿しながらメイクオフ。

毛穴の黒ずみ、くすみまでするんと落とし、

キメ細かいなめらか肌へ。

98%天然由来、「美容液クレンジング」

植物をイメージしたグリーンの容器、さらにサイト全体から優しさが伝わってくるのが印象的。

敏感肌、乾燥肌の方には「何?何!?」っと興味がそそられる感じ。

またコンセプトを拝見しますと、

素肌の本能を呼び覚ます

ボタニカルスキンケア

※「ボタニカル」とは
植物全体のことを言い、植物エキスが配合されていればボタニカル化粧品となります。

何でも奄美大島に自生している「クマタケラン(熊竹蘭)」と「アオノクマタケラン」という山野草に着目、これらは古来伝承の生薬や民間療法として利用されていたとのこと。

このエキスを含む “伝承ハーブウォーター” を贅沢に配合しているスキンケア商品です。

すごくこだわっていますねー!

いったいどんな成分が配合されているのでしょうか?

早速、拝見させていただきます。

全配合成分

クマタケラン葉/茎水、プロパンジオール、アオノクマタケラン葉/茎水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、水、ペンチレングリコール、クマタケラン葉油、ガラクトアラビナン、グリセリルアスコルビン酸、ゲンチアナ根エキス、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、コンニャク根エキス、キサンタンガム、ダイズ種子エキス、酵母エキス、グリセリン、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、コメヌカスフィンゴ糖脂質、スフィンゴ糖脂質、水酸化Na、水添レシチン、リゾレシチン、クエン酸、クダモノトケイソウ果実エキス、エナンチアクロランタ樹皮エキス、オレアノール酸、タウリン、リシンHCI、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、カニナバラ果実油、ローズマリー葉油、ユーカリ葉油、ビターオレンジ花油、ビターオレンジ葉/枝油、BG、フェノキシエタノール、ココイルグルタミン酸TEA


ジェル、ミルク、クリーム、リキッドタイプのクレンジングでは、配合成分の表記で一番目にくるのが「水」ですが、この「セラム クレンジング」は、普通の水とは違います。

先ほど、コンセプトのとこでも書きましたが、奄美大島の「クマタケラン(熊竹蘭)」、「アオノクマタケラン」のエキス入り蒸留水を配合しています。

クマタケランにはどうか効果が期待されるのでしょうか?

調べて見ますと、なんと赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれているそうです。

では「ポリフェノール」のスキンケア効果とは?

ポリフェノールとは、植物が光合成をする時にでる苦味や色素の成分で、抗酸化作用や抗菌作用があると言われています。

ビタミンCやビタミンEにもある抗酸化作用、化粧品ではエイジング成分や美白成分として利用されていますが、それと同じようなスキンケア効果が、「クマタケラン(熊竹蘭)」にあるということですね!

普通の水ではなく、「クマタケラン葉/茎水」を配合しているのが特長。

次にクレンジング力を見ます。

メイク落としを担っているのは、「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」、「ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル」、「イソステアリン酸PEG-20グリセリル」などの界面活性剤が3種類配合されています。

パーム油由来やヤシ油由来のものですが、すぐれた乳化力があります。

配合順位が4番目以降ですが、「クマタケラン葉/茎水」は一般的なリキッドクレンジング商品でみれば水にあたり、界面活性剤は多めかもしれません。
※表示は配合量が多い順に記載しなければならない。

界面活性剤の後に記載されている成分を見ると、多種多様の植物エキスが配合されています。

アミノ酸、セラミド、フルーツ酸、ハーブエキスなど種類が多く、飛び抜けてこれが有効と分析しずらいですが、「ボタニカルスキンケア」を意識した構成になっていると感じました。

このクレンジング商品のまとめ

「セラム クレンジング」の特長をまとめてみましょう。

クレンジングのベースとなる水は、「クマタケラン・アオノクマタケラン」エキス入りの蒸留水を使用。

期待されるスキンケア効果は

★清浄作用

★肌荒れを防ぐ

★エイジングケア

★天然のうるおい

★気持ちを和らげる香り

テクスチャーは美容液のようなとろーりしたリキッド!

こびりついた毛穴の黒ずみは吸着力のあるリキッドで落とす!

オイルフリーなのでオイルが苦手な方におすすめ!

くすみはAHA(フルーツ酸)が古い角質を取り除きクリアーに!

クレンジング中は森林浴をしているかのような天然ハーバルの香り!

ひとこと感想

肌に優しい印象が十二分に伝わってきました。

「クマタケラン・アオノクマタケラン」に着目したのがいいと感じましたし、ボタニカルスキンケアがこれからもっと注目されるのではないでしょうか。

クレンジングおすすめ比較一覧