HOME > 想い出日記一覧 > 冬肌対策

冬肌対策ケアはシルク基礎加化粧品で

京都では、11月も4週目になってようやく寒くなってきました。

今年は紅葉も遅れがちの気配もありましたが、このままだと11月下旬が一番の見ごろかもしれませんね!

さて、寒さがだんだん厳しくなると平行して空気もだんだん乾燥してきます。

これからは乾燥肌対策=冬肌対策ケアに心がけなければなりません。

冬肌対策ケアといえば、なんと言っても「保湿」がメインになるかと思います。

では、肌が喜ぶ「保湿」とはどんなスキンケアでしょうか?

一般的には保湿クリームや乳液を多用されるケースが多いかと思います。

この方法が間違いではありませんが、これはあくまでも応急処置的なスキンケアです。

空気が乾燥してくると、角質層内のアミノ酸をはじめてとする天然保湿因子やセラミドも奪われ、角質層内も乾燥状態になっています。

インナードライの状態です。

この状態が続くと肌本来の水分保持能力も低下し、肌の内側から乾燥肌を招く原因になってしまいます。

冬肌対策ケアにおすすめの基礎化粧品とは

冬肌の保湿は、角質層内に存在している天然保湿因子やセラミドをたっぷり補ってあげることが重要なんです。

SILK基礎化粧品シリーズの素肌ローションと保湿ローションがお役に立ちます。

この2つのアイテムでしっかり角質層内の必須潤い成分をしっかりそしてたっぷり補って下さい。

インナードライを解消してはじめて保湿クームや乳液も活きてくるのものです!

冬肌ケアは肌内保湿をコンセプトにしたILK基礎化粧品におまかせ下さい。

※想い出日記:2011年11月21日に投稿した内容です。