HOME > 想い出日記一覧 > 石鹸の優しさ

石鹸は肌に優しい、優しくない、どっち?

石鹸

TOPページを「石鹸より優しいシルク化粧品」に改めるに当たり、石鹸について情報収集してみるとまったく正反対の意見が!

石鹸は肌に優しい

VS

石鹸は刺激が強い

まったく違う意見、どちらが正解なのでしょうか?

今回はここに焦点を当ててみます。

石鹸とは

まず石鹸とはどんなものかを簡単に説明しますと、動植物の油脂に強アルカリ成分を混ぜ合わせて作った洗浄剤です。

アルカリ成分である水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で作られた場合は、固形石鹸や粉末石鹸に。

同じくアルカリ成分である水酸化カリウム(苛性カリ)で作られた場合は、液体石鹸になります。

このようにアルカリ成分を混ぜていることから、石鹸自体はアルカリ性の洗剤です。

 

表示では、「石けん素地」、「カリ石けん素地」、そして石けんの原料をそのまま記載している場合もあります。

例えば、牛脂、バーム油、ヤシ油、オリーブ油などの油脂成分と水酸化Na(アルカリ成分)と成分名ごとに記載。

 

石鹸は肌に優しい

では「石鹸は肌に優しい」という主張からみていきます。

石鹸素地は界面活性剤の一種なのですが、アルカリ性を保ってこそ界面活性剤の働き、つまり洗浄剤としての働きを発揮します。

しかし肌は酸性、また皮脂汚れも酸性でアルカリ性が徐々に中和されると界面活性剤の作用を失ってしまいます。

また水分量に影響され、水分が多いと洗浄力も弱くなります。

このように石鹸素地は時間の経過とともに界面活性剤としての機能を失うことから、汚れや皮脂は落としても肌のバリア機能を乱さないと言われているのです。

バリア機能を乱さないとは、角質内にある細胞間脂質(セラミド他)を奪わないということです。

 

それに対し合成界面活性剤は、酸性であろうがなかろうが、水で薄められても界面活性剤としての機能や強さはそのまま持続され肌内に浸透して細胞間脂質を奪ってしまいます。

ここが大きな違いです。

 

石鹸は優しくない

次に「石鹸は優しくない」という主張をみていきます。

石鹸を作る時に使われる苛性ソーダや苛性カリは、肌に付着すると大変危険なため劇物指定になっています。

こんな説明を見かけると、いかにも恐怖心をあおっている印象操作もぬぐえませんが、実際は油脂系と反応してまったく別物になりますから、肌にとって危険というもではまったくありません。

 

それよりも石鹸の刺激性を指摘しているのはアルカリ性と強い洗浄力

肌は弱酸性に保つことでバリア機能を強化しています。

また肌の代謝やバリア機能に関わっている常在菌も弱酸性を好みます。

この状態でアルカリ性である石鹸で洗顔をすると、酸性PH値がアルカリ性に傾き常在菌のバランスを乱したりバリア機能を低下させてしまうと言っています。

 

石鹸の洗浄力についても指摘、特に脱脂力が強い点です。

弱酸性の皮脂膜はアルカリ性の石鹸によって中和され必要以上に皮脂を奪ってしまいがちと指摘しているのです。

石鹸で洗った後は肌が突っ張りやすいですが、「なるほどそうなのかぁ~」と納得もしてしまいます。

皮脂を取り過ぎると、バリア機能の低下だけでなく乾燥肌にもなりやすいと、たびたび聞きますしね。

 

今回のテーマの答え

両方の主張をみてきたわけですが、

石鹸は優しいのでしょうか?

優しくないのでしょうか?

どちらの主張も正しいとは思いますが、

美容の要は「肌のバリア機能と代謝を育むこと」というシルキーズのスキンケア理論の立場から見た場合では、

「石鹸は優しい」

という方に手を挙げます。

 

肌のバリア成分の王様は、皮脂膜ではなく角質内にある細胞間脂質です。

石鹸素地は合成界面活性剤に比べ、この細胞間脂質(セラミド他)を奪う比率が低いという点が決め手です。

 

アルカリ性については、ほんの数分の時間だけのこと。

石鹸を洗い流せば、その後はアルカリ性が維持される訳ではありません。

直ぐに元の弱酸性状態に戻ります。

もちろん常在菌のバランスもです。

弱アルカリ性で無菌になることは決してありませんしあり得ません。

またこんな見方もあります。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)にはある程度の刺激も必要と言われています。

アルカリ性もまたちょっとした刺激です。

 

但し、アルカリ性による脱脂力に注意しなければならない場合があります。

皮脂分泌が弱りきっている肌質には石鹸は優しいとは言えないです。

皮脂量の少ない肌質は、石鹸より洗浄力が弱い洗顔料を使いましょう。

 

今回は石鹸の優しさについて私なりの見解を書きましたが、石鹸に限らず洗顔という行為は清潔にするという良い面と、肌に必要な保湿成分・バリア成分を奪ってしまう悪い面もあります。

悪い面をどう抑えていくか!

これを意識して実行すれば、10年後の肌に答えがでます。

 

想い出日記:2019年9月12日に投稿した内容です。

 

シルキーズのSILK化粧品

美肌の連鎖を作り出す活肌アミノ酸初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸クレンジングジェルシルクの角質ケア洗顔料

アミノ酸配合の化粧水セラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケア基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、オーガニックフェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水

便秘対策におすすめの逸品

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ