ページの看板

6割の方が乾燥肌で悩んでいる

編集:シルキーズ 新井貴信

まず気になるデータから説明します。

悩み肌別グラフ

SILK化粧品、新規ご購入者の肌別調査では、100名中60名の方が乾燥肌で悩んでいるという結果が出ています。約3人中2人の割合!

市場にはこんなに沢山の化粧品があるのに、乾燥肌で悩んでいる方がなぜ多いのでしょうか?

肌が乾燥すると保湿力のあるクリームに頼る、これで本当にいいのでしょうか?

乾燥するシーズンは仕方ありませんが、クリームに頼る以前に肌自らがもっている保湿成分を守る、活かす、育てる、このスキンケアを優先していただきたいです。

大切にすればするほど乾燥肌は改善されますし、この先、さらに美しい肌がまっていますから!

乾燥肌を治す方法、それは

『洗顔の質を変える』

これ1点です。

肌自ら持つ保湿成分とは

健康な肌は角質内に30%前後の水分があり、この水分調整を担っているのが、

・毛穴から排出される「皮脂」
・角質細胞内にある「天然保湿因子」
・細胞の隙間にある「細胞間脂質」

肌

これらは肌の潤いを維持する『3大保湿因子』と呼ばれ、どんな高級な化粧品成分をもってしても太刀打ちできない水分保持能力があります。

自分の肌に一番適した最高の保湿成分であり、肌を美しくする最高の成分ですので、大切にすることが何よりも大事です。

乾燥肌の原因

乾燥肌になるのは、『3大保湿因子』が少ない、減っている、当然のことです。

理由は、汚れと一緒に洗い流している、肌の代謝リズムが乱れている、空気が乾燥している、ストレス、乱れた生活習慣や食生活、加齢、他にも細かいことをあげればきりがりません。

と言ってもこれらの要因、身についた習慣を日々過ごしているので、どれほど悪影響が与えているのか気づかないことが多いです。

原因に気づかない、気づこうとしないことが悪化させる原因でもありますが。

また『3大保湿因子』への意識はほとんどなく、肌が乾燥すればクリームを塗る、これがみんさんのスキンケア習慣ではありませんか?

この習慣もまた、乾燥肌をひどくする原因でもあります。

理由は、皮脂腺に刺激を与えやすい、クリームに含まれる保湿成分(油分)の残留で肌のターンオーバーが乱れてしまうなどから保湿成分の生成が低下するからです。

乾燥肌を治すには

ここまで『3大保湿因子』がいかに大切かを言ってきました。特に角質内にある「天然保湿因子」や「細胞間脂質」は重要な成分です。

乾燥肌を治すには

・肌の保湿成分を奪わないこと
・ターンオーバーを整えること

この2点です。

肌の保湿成分を奪わない

世の中、便利さを追求するあまり弊害もあちらこちらと出ています。

地球温暖化による異常気象がそうですが、実はスキンケア業界でも起きているのです。

注視するのは “界面活性剤” という成分。

安価で機能性があり、化粧品業界にはなくてはならない存在となっています。
シルキーズのSILK化粧品にも配合しています。

界面活性剤があるからこそ汚れが簡単に落ちたり、綺麗なベースメイクができたり、化粧水の浸透性がよくなったり、他にも沢山の恩恵があります。

しかし弊害があるということを忘れてはいけません。

それは、肌の保湿成分を奪っていること。

私達の周りには洗浄力の強いクレンジング、洗顔料、ボディソープで溢れかえっています。

「化粧をしだしてから肌の乾燥を感じるようになった」

このケースは洗顔の回数が必然と増え、肌の保湿成分が奪われた典型的な一例です。

対策として、保湿成分をできる限り奪わない洗顔アイテムが必須となります。

「肌に優しい」という文言があったとしても、中身は洗浄力優先で「肌に優しい」の基準があいまいで明確ではありません。

私が基準としているのは石鹸です。

優しいイメージのある石鹸ですが、石鹸よりも洗浄力が弱いアイテムを探し、できる限り肌の保湿成分を奪わない洗顔料やソープで洗いましょう。

おすすめはアミノ酸系の洗浄剤、洗浄力がマイルドで洗った後はしっとり感が残ります。
石鹸より洗浄力が弱い解説ページ

ターンオーバーを整える

肌

解説図の通り、肌細胞・角質細胞は上へ上へと押し上げられながら肌は毎日生まれ変わっています。この周期を「ターンオーバー」と言います。

乾燥肌を治す、改善するにはターンオーバーを整えることが大事です。

肌内にある保湿成分は、規則正しいターンオーバーによって生成されるからです。

短い周期はもちろんのこと長い周期でもダメです。20代なら28日周期、40代なら40日周期がベストです。

ではターンオーバーを整えるにはどうすればよいでしょうか?

肌の保湿成分を奪わず不要になった角質だけをとる

相反する行為ですが、中身のある質の高い洗顔を丁寧に毎日することがターンオーバーを整えるコツです。

おすすめの洗顔アイテム2点

紹介するのは、シルクの保湿性と繊細さを活かしたクレンジングジェルと洗顔料です。
どちらも肌の保湿成分をできる限り奪わないコンセプトに仕上げています。

SILKクレンジングジェル

SILKクレンジングジェル

市販のクレンジングにはない特長があります。それは「アルギニン」というアミノ酸でメイクを落とす内容となっています。

アルギニンは油分でも界面活性剤でもありませんので、乾燥肌予防におすすめです。

クレンジングジェルの詳細へ

SILK素肌ソープ

SILK素肌ソープ

洗浄成分は石鹸より洗浄力が弱いアミノ酸系を主成分とした洗顔料で、特長はシルクパウダーによるソフトな角質ケア洗顔ができることです。

素肌ソープの詳細へ


シルキーズが推奨する保湿クリーム

リプレニッシュクリーム

乾燥肌、肌の水分保持機能アップに有効といわれるヒアルロン酸。
通常のヒアルロン酸の2倍の水分を保つことのできるスーパーヒアルロン酸を配合しています。

クリーム類をご使用される場合は、保湿成分の残留で不要になった角質が剥がれにくい状態になりますので、ソフトな角質ケア洗顔でリフレッシュされることをおすすめします。

リプレニッシュクリームの詳細へ


乾燥肌に関する参考ページ

肌は何故乾燥するのでしょうか?角質層内の保湿成分の存在量で左右される
≫乾燥肌の原因

角質肥厚が肌トラブルの根源である!乾燥、敏感肌などの原因
≫角質肥厚とは

乾燥肌を予防するには、角質層内に天然保湿因子が満たされていること!
≫天然保湿因子とは

乾燥肌対策にセラミド補給は必要不可欠な保湿成分です!
≫天然セラミドの必要性