秋肌のスキンケア、ターンオーバーの復活対策ページへ

HOME > 秋肌ケア

秋肌はターンオーバーの復活集中ケア

蒸し暑い夏から過ごしやすい秋になりました。

運動の秋・食欲の秋・読書の秋♪

 

秋は適度な運動と美味しいものをいっぱい食べて体の代謝を活発にさせ心身ともに元気にする季節です。

肌も同じく元気にさせる季節です!

秋は夏ケアでダメージを受けた肌を復活再生させる季節なんです。

 

夏は紫外線を浴びたり、その対策として日焼け止めクリームやファンデーションを多めに塗ってしまう傾向にあります。

 

毎日繰り返すことによって肌には負担がかかり「肌の疲れ」が少しずつ貯まってきます。

疲れが取れないと肌のターンオーバーが乱れ、徐々に角質肥厚(厚くなった角質)を作りだしてしまうのです。

秋肌ケアのポイントは

角質肥厚(厚くなった角質)を無理やり解消しようとしてはいけません!

よく「古い角質をきっちり取り除くこと」とか「保湿をしっかり」とか角質肥厚を解消させるコツとして言われていますが私の見解は少し違います。

 

肌には自然再生機能が備わっています。

新陳代謝、肌のターンオーバーを正常にしようとする本能的なものがあります。

 

肌のターンオーバー(自然再生機能)が正常なら角質肥厚も自然に解消されてくるのです。

そしてターンオーバーを復活再生させる為にには、角質層内の保湿成分「天然保湿因子(NMF)」と言われる肌にとって必要不可欠なうるおい成分をしっかり補ってあげることです。

これが最優先です。

「保湿をしっかりする」とは、『肌が必要としている成分をしっかり補う』ということです。

肌の潤いバランスが整いターンオーバーが復活再生すれば、古い角質も自然に剥がれ角質肥厚も解消されますし、毛穴に貯まった汚れも無理なく除去できます。

 

ピーリングや洗浄力の強い洗顔料で古い角質や毛穴の汚れを無理やり取り除くことも時には必要かと思いますが、長い目でみれば肌本来のターンオーバーを復活再生させことを最優先する水分補給の方が、将来的なエイジングケア(老化予防)にもつながってくるのです。

 

ターンオーバーを促進させる保湿成分

ターンオーバーを促進にする成分とは、肌が必要としている成分です。

上記でも説明致しましたが、
角質層内に存在している天然保湿因子(NMF)のことです。

天然保湿因子にちかい成分があります。

それは・・・

『活肌アミノ酸』です!

活肌アミノ酸とは、シルクと乳清を複合して作られたミネラルをバランスよく含む複合型アミノ酸成分です。

この成分、基礎化粧品SILKシリーズにすべてに配合してます。

特に素肌ローションは秋肌ケアのおすすめ化粧水です。

 

この『活肌アミノ酸』は、角質層内の天然保湿因子に近い天然成分です。

しっかり活肌アミノ酸を補って肌の潤いバランスを整えターンオーバーを復活再生してください。

 

肌の潤いバランスが整ってはじめて集中ケア(毛穴の黒ずみ、美白)も活かされていきます。

この季節は肌が喜ぶ保湿と洗顔で秋美肌を目指して下さい。

 

夏から秋へ!

ダメージを受けた肌を再生させる季節です。

基礎化粧品SILKでまずは素肌深呼吸潤いを♪

秋肌に優しい潤い洗顔と肌がメキメキ喜ぶシルク化粧水と保湿液。

弱ったターンオーバーを活性化! 冬肌の備えはこの時期がとても大切です。

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケアの基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

 

▲ このページのトップへ