ご愛用者の分析

Silk FeeL 愛用者のデータ分析

シルクパウダー

このシルクフェイスパウダーは2005年2月より販売開始!

シルクパウダー100%使用のフェイスパウダーは当店の定番商品として人気の高い化粧品です。

今回、2011年度シルクフェイスパウダーご購入者100人についてデータ分析してみました。

最新!2019年度のデータ分析

このフェイスパウダーはどのような肌質の方がご使用頂いているのでしょうか?

肌別から年代と店長より一口コメントとして気づいた事を書かせて頂きました

。ご購入の際、参考資料になれば幸いです。

肌別データ(2011年度版)

Silk FeeLパウダーご愛用者、100人の肌別集計

シルクパウダーの肌別のデータ

・敏感肌・・・49人

・シミ・・・45人

・乾燥肌・・・41人

・ニキビ・・・31人

・シワ・・・27人

・アトピー・・・14人

【その他にて記入された肌質】

・毛穴・・・3人

・毛穴の開き・・・1人

・角栓・・・1人 ・皮脂過剰・・・1人

・化粧品アレルギー・・・1人他


店長からの各肌別について

今回、野蚕シルクパウダー100%のフェイスパウダー愛用者について調べましたがその際に気づいたことを書かせて頂きます。

このフェイスパウダーご愛用者のご使用の決め手は、シルクの特長をよく理解されているとが基本査定と思われます。

敏感肌について

グラフからも解りますように一番多いのは敏感肌の方で約5割という結果なっておりす。

シルクパウダー100%、完全無添加、天然素材100%のみ等を謳っていることから、肌に優しく刺激の少ないフェイスパウダーをご希望されていることが伺えます。

20代から50代まで幅広い層にご使用いただいております。

乾燥肌について

乾燥肌の方も4割おられます。通常フェイスパウダーは肌を乾燥させやすくその対策としてシルクを検討されている場合もあります。

時々「このフェイスパウダーは乾燥しませんか?」という内容のお問い合わせがあります。

シルクは繊維質になっており、放出性・保水性作用があり肌のテカリや乾燥を防ぐ働きもあり、これらを期待されてのご使用も考えられます。

シミについて

一般的に肌トラブルで一番多いのがシミです。シルクが直接シミへの効果は期待できませんが、シルクは紫外線をカットする働きがあり、日頃のシミの予防対策として期待が考えられます。

365日24時間使用できますので、屋内の紫外線対策や一年間を通しての紫外線対策として利用できます。

20~50代まで幅広い年代の方にご使用頂いております。

ニキビについて

20代を中心に30代40代の方までニキビで悩んでおられる方がこのフェイスパウダーをご使用されていました。シルクは雑菌の繁殖を抑えるたり皮脂コントロール、毛穴ケアにも優れた天然素材です。

効果への期待は高く実際に喜んで頂いている方も多くいらっしゃいます。

アトピーについて

20代、30代のご使用の方が目立ちました。シルクは肌成分に近い成分ですのでアレルギーが出にくい素材です。また自然抗菌作用や肌のバリア機能を高める働きがあります。

「おしろいとていこのフェイスパウダーしか使用できない」という方も結構いらっしゃいます。
アトピーでも安心して使用できる期待感があるのではと思います。

毛穴について

その他の項目として、毛穴関連の肌質の方が6名がありました。

シルクパウダーは毛穴カバーはもちろん、毛穴のの黒ずみ予防、皮脂コントロールなどの働きがあり毛穴ケアとしてこのパウダーを期待しておられるように感じられます。

以上、今回フェイスパウダーをデータ分析した時、私が気づいたことをコメントとして書かせていただきました。


ご愛用者の年代別

Silk FeeLパウダーご愛用者、100人の年代別集計

シルクパウダー使用年代別データ

・20代・・・26人

・30代・・・36人

・40代・・・25人

・50代・・・9人

・60代・・・1人

・70代・・・1人

・未記入・・・2人

※ご注文フォームにて年代を入れる項目があり、それを集計致しました。

30代を中心に20~40代層の方からご愛用頂いております。

以上、2011年10月にSilk FeeLフェイスパウダー愛用者分析を実施致しました。


文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井貴信