毛穴の悩み対策ケア対策ページへ

HOME > 毛穴対策のスキンケア > 毛穴トラブル

腸内悪化と毛穴トラブルの関係

今回は “毛穴トラブルと腸内悪化” の関係についてお話しします。

『皮膚は内臓の鏡』と言われています。 

これは、内臓の調子が悪くなると、肌荒れ、大人ニキビ、毛穴トラブル等、肌にも表れてくるということです。

もしベストに近い基礎化粧品を使ってスキンケアを心がけていても肌の調子が上がらない時は、内面ケアにも注視して改善することが必要になってきます。

“トイレ時間が不規則”

便通が悪い時は、腸内はかなり悪い環境になっています。

特に大腸、ここには100種類100兆個の腸内細菌が棲みつき、私達の体に色々な影響を与えています。

「乳酸菌」とか「ビフィズス菌」、「大腸菌」といった名前を聞いたことがあると思いますが、これらの細菌が大腸内に沢山棲みついているのです。

「乳酸菌」や「ビフィズス菌」は健康に導く働きをするので『善玉菌』と言われています。

逆に「大腸菌」や「ウェルシュ菌」などは、アンモニアや硫化水素などの有害物質を発生するので『悪玉菌』と呼ばれています。

便秘になるととても臭い便がでるのは悪玉菌のしわざ、もしくは毎日便が出ていても異常に臭いのも悪玉菌のしわざ、つまり腸内は『悪玉菌』の勢力が強くなっているサインであり、腸内は有害物質でいっぱいの状態です。

有害物質が便と一緒に排泄されれば問題はないのですが、腸は色々な栄養分を吸収する臓器。

腸内にある有害物質が腸壁から吸収され血液を介して全身に送られます。

肌は老廃物の排泄機能を担っていますから、血液によって送られてきた有害物質を外へ排泄しようとします。

この時に有害物質が肌にダメージを与えたり、肌の排泄機能を乱したりします。

例えば皮脂分泌の異常もその一つで、これが毛穴トラブルへと進行していくのです。

腸内環境を整えることが毛穴ケアになる

腸内環境を整えるには、食物繊維を多く含む食品を摂りましょう。

野菜や穀類、いも類にキノコ、ひじきやワカメ(海藻類)などの食べ物がそうです。

しかし、慢性的な場合は急に食物繊維を摂るのは危険!

逆に食物繊維が便を硬くして、よりひどくなります。
(草食動物のふんを思い浮かべてください)

まずは乳製品やヨーグルト、ビフィズス菌のサプリ、オリゴ糖などで腸内細菌のバランスを整えることに心がけましょう。

特にオリゴ糖はビフィズス菌を増やすしたり元気にする栄養源でもあり、ビフィズス菌などの腸内細菌によって作られる「短鎖脂肪酸」は大腸細胞や体の栄養源にもなるのでおすすめです。

おすすめのオリゴ糖

腸内に棲んでいるビフィズス菌を活性化させると、消化吸収の手助け、 免疫力のアップそしてビタミンの合成、特にビタミンB群を合成してくれるので、肌の水分保持力を高めたり、ターンオーバーを促すなど美肌効果につながります。

※ビタミンB群が体内で不足すると脂質の代謝が悪くなり、皮脂のコントロールが悪くなり 脂性肌もしくは乾燥肌に傾くという両極端の様相を見せて毛穴トラブルになります。

内面からの毛穴ケアはオリゴ糖が一番!

オリゴ糖は消化吸収されない糖で肥満の心配もなし!

腸内からエイジングケアをしっかりサポートする、それがオリゴ糖です。