毛穴の悩み対策ケア、必要な保湿成分とは対策ページへ

HOME > 毛穴対策のスキンケア > 保湿

毛穴ケアで必要な保湿成分とは

肌(角質層)の潤いバランスを整える、これが毛穴ケアのカギ!

 

肌の一番上にある角質層。

皮膚と角質層の構造図

角質層の中には天然保湿因子(NMF)とセラミドという潤い成分が存在しています。

これらの潤い成分がバランスよく存在している状態を維持すること、これが毛穴ケアの基本的な保湿対策となります。

潤いバランスがよい状態なら肌のキメも整い毛穴目立ちが解消されたり、皮脂腺も気持ちよく働き毛穴の代謝機能もターンオーバーも正常化し、肌の調子がベストになるはずです。

 

しかし、肌の潤いバランスを乱す危険因子がいっぱい!

メイク落としや洗顔によって天然保湿因子やセラミドが奪われる、

空気の乾燥やエアコンで肌の水分量が低下する、

高温多湿で皮脂分泌の異常、

年齢を重ねるごとに保湿因子の生産力が衰える、

体調の乱れ、

このように色々な危険因子が常に待ち構えているのです。

 

影響を抑える為にも、肌や皮脂腺の調子を整える保湿成分をしっかり補いましょう。

 

整肌(セイキ)成分+ビタミンC誘導体

毛穴ケア=整肌成分の補給

おすすめの整肌成分、それは角質内にあるアミノ酸を主とする『天然保湿因子』とセラミドを主とする『細胞間脂質』、この2大成分です。

毛穴ケアで洗顔は欠かせませんが、洗浄力のあるクレンジングや洗顔料を使っての洗顔後は、汚れと一緒に肌に必要な皮脂膜や角質層内に存在する天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質(セラミド他)も洗い流されてしまいます。

時間と共に再生されますが、毛穴トラブル(角栓による詰り)で皮脂膜が作れない、肌力やターンオーバーが弱っていると時間がかかり、完全に再生されない場合があります。

肌の潤いバランスが乱れれば、乾燥肌だけでなく皮脂腺にもストレスが加わり、毛穴トラブルの誘発率も高くなります。

まずは天然保湿因子に近い成分、細胞間脂質に近い成分を補いましょう。

天然保湿因子が補える
素肌ローション

細胞間脂質に近い天然セラミド配合の
保湿ローション

 

毛穴ケアにビタミンCがおすすめ!

壊れやすいビタミンCを安定型に開発されたスキンケア成分『ビタミンC誘導体』を積極的に補いましょう。

抗酸化作用があり酸化による黒ずみを抑えたり、過剰な皮脂分泌をコントロールする働き、そしてコラーゲン生成にも関与し、たるみ毛穴の対策にも役立ちます。

ビタミンC誘導体10%配合の化粧水
リプレニッシュC10

 

ビタミンCを補う時はアミノ酸もプラスしましょう

コラーゲン生成にはどちらの成分も必要ですし、肌の内から潤いを感じることができます。

 

内と外からW効果を!

内側の補給は、果物やサプリメント+タンパク質の食材を

外側の補給は、ビタミンC誘導体入りの化粧水+アミノ酸入りの化粧水を同時に補います。

 

毛穴の汚れは短期ですが、毛穴目立ちは長期戦です。

くじけず頑張っていきましょう。

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケア基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

 

▲ このページのトップへ