毛穴の悩み対策ケア、黒ずみ・開き・目立ち対策ページへ

HOME > 毛穴の綺麗にする化粧品 >

毛穴を綺麗にするスキンケアとは、正しい角質ケアができる化粧品!

毛穴をチェック

毛穴の汚れや黒ずみ、角栓が取れない、毛穴の開きも気になる、そして色々な化粧品を使って毛穴ケアをしてもなかなか綺麗にならず困っている方へ。

こんな時は、毛穴一点に集中するより肌全体の調子を整えることに目を向けましょう。

 

具体的に言うと

角質の代謝を整えるキンケアをすること

 

そして

毛穴

毛穴に備わっている浄化機能を乱させない優しいスキンケアに心がけること

 

この2つが大事で、

強引な毛穴ケアは絶対に避けましょう

 

毛穴の悩みを産みだす原因

毛穴の汚れや黒ずみ、角栓、毛穴を目立たせる原因、それは角質が気づかないうちに分厚くなっているからです。

角質層の厚さは、0.02~0.03㎜と非常に薄い層からできています。
例えるなら料理などに使うラップぐらいの薄さ。

肌の断面図

こんなに薄い世界でも代謝はおこなわれ、毎日新しい角質へと生まれ変わっています。

角質層のターンオーバー

しかし何かの影響でこの生まれ変わりのリズムが乱れると、古い角質は徐々に蓄積され角質層は分厚くなっていくのです。

角質層の変化

肌がカサカサしていたりくすんだり、キメが荒い、化粧ノリや化粧水の浸透が悪い、こんな時は大抵角質が分厚くなっています。

一つの歯車が狂い出すと全てに影響が出るもの!

毛穴の悩みは角質代謝の異常から始まるのです。

 

古い角質が残ることで毛穴に角質ゴミが貯まりやすい、角栓が硬くなって取れにくい、酸化しやすいことで毛穴が黒ずむ、角質肥厚で毛穴が開く、これらすべて角質代謝の乱れが産みだした産物です。

 

毛穴ゴミの「角栓」は、70%が古い角質です。

 

正しい角質ケアで毛穴のゴミを作らない!

色々な毛穴ケア対策を謳った化粧品が販売されていますが、これらのスキンケア効果を上げる為にも、まずは角質代謝を整えてあげましょう。

『角質代謝が乱れたまま、毛穴ケアに集中しても効果はでません!』

これを常にインプットして対策をしていきましょう。

 

角質代謝を整えるには

新しい角質は毎日作られ、と同時に役目を終えた角質も毎日作られます。

不要な角質がその日に100個できたら必ずその日に100個取ることです

100個-100個=0個

これが正しい代謝リズムを作る方程式。

 

もし不要な角質が95個しから取れなかったら

100個-95個=5個

役目を終えた角質が5個残り翌日へ繰越

翌日には

105個-95個=10個

これが続けばどんどん不要な角質は貯まり、毛穴にも影響を及ぼします。

 

逆に強引な角質ケアで取り過ぎた場合

100個-105個=-5個

これもダメです。

必要な角質まで取るとバリア機能が弱り敏感肌なったり、その反動でどんどん角質が作られます。

これは不要な角質を作っているのと一緒で結果的に毛穴トラブルを助長することになります。

 

あくまでも

100個-100個=0個

 

これが理想の角質ケアであり、毛穴にゴミを貯めないスキンケアとなります。

角栓の70%が古い角質、ゴミが減れば毛穴に備わっている浄化機能の負担軽減にもなります。

毛穴に備わった洗浄機能を活かす

正常な角質作りは、こちらの肌の代謝整える【スキンケア編】を参考にしてください。

 

皮脂腺に優しい化粧品が毛穴ケアにつながる

毛穴

毛穴には不要なモノを外へ出す排泄機能というものが備わっています。

この機能が乱れたり低下すると必然と毛穴に汚れが貯まってきます。

浄化機能が低下する原因の一つ、それは強引な洗顔、洗浄力の強い洗顔アイテムを気づかず使っていることです。

簡単にメイクが落とせる便利性、清潔志向、このようなスキンケア文化の浸透で洗い過ぎが当たり前になっている今日。

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、一時的に毛穴が綺麗になるかもしれません!

しかし、それと引き換えに皮脂腺に刺激・負担を与えている、それは毛穴に備わっている浄化機能を徐々に弱めていることにつながるのです。

皮脂腺が弱るとキメを整える天然クリーム(皮脂膜)も作られません。

 

皮脂腺は化粧品に含まれている “界面活性剤” や “油分” が大の苦手

 

特にクレンジング商品は要注意!

市販されているクレンジング、ほとんどが界面活性剤と油分が主成分となっています。

知らず知らずのうちに皮脂腺に刺激を与えているのです。

 

皮脂腺に優しいアミノ酸クレンジング

保湿ジェルのSILKクレンジング

シーエルケイクレンジングジェル

オイルフリー、アルコールフリー、アミノ酸系のクレンジング剤です。

油分や界面活性剤を使ってメイクを落しません!

保湿成分でもある「アルギニン」というアミノ酸でメイクを落とすので皮脂腺にも負担を与えません。

また角栓は古い角質が主、角質はタンパク質、つまりアミノ酸の塊です。

“ごみ化したアミノ酸はアミノ酸で落とす”、毛穴ケアも同時にできるクレンジング商品です。

アミノ酸クレンジングの詳細はこちら

 

毛穴ケアは、肌・皮脂腺に優しい基礎化粧品が一番です。

・洗い過ぎずにメイク落としができるクレンジング

・洗い過ぎずに角質ケアや毛穴洗浄ができる洗顔料

・肌にある保湿成分(アミノ酸やセラミド)が補える化粧水

皮脂腺が苦手な界面活性剤、油分、アルコール、香料はできるだけさけるスキンケアの継続が大切です。

 

毛穴を綺麗にするスキンケアの豆知識

 

【毛穴なって何?】

肌にある「毛穴」って何?なんであるの?役割は?改めて毛穴について知識を深めてみませんか!

毛穴って何?

 

 

【毛穴の黒ずみ】

毛穴の黒ずみの原因は、「日頃の角質ケアにあり!」。また毛穴の黒ずみを抑えるとっておきのスキンケアを教えます。

毛穴の黒ずみ原因から対策が見えてくる!

 

【洗顔編】

毛穴の汚れ・黒ずみが取れない時、強引な洗顔より角質ケアを重視した洗顔方法をおすすめします。

毛穴の洗顔は角質ケアの機能がある洗顔料を!

 

【補給編】

毛穴ケア対策で大切なことは角質層内に存在する潤い成分の補給です。潤いバランスのとれた角質層なら毛穴の排泄機能も正常になります。

洗顔後は化粧水でうるおい補給するのは当たり前!でも必要な保湿成分とは

水分補給の詳細ページへ

 

【メラニン毛穴】

メラニン色素が溜まって黒ずんで見える「メラニン毛穴」、まずはターンオーバーを整えてから美白有効成分を補いましょう。

メラニン毛穴の対策、美白有効成分の活かし方が重要!

 

【便秘と毛穴の関係】

便秘と毛穴トラブルの関係について解説しております。便秘がもたらす毛穴の影響とは?そして便秘を改善・予防することが毛穴ケアにもつながります。

便秘と毛穴トラブルの関係

 

【入浴時の毛穴洗顔】

入浴しながら効果的に毛穴ケアをして下さい。お風呂でのんびり半身浴すると毛穴が開くので毛穴ケアとして有効的です。

入浴しながら毛穴洗顔

 

【体験談】

毛穴の黒ずみ・汚れ等悩みが解消されましたお客様の声、口コミ情報を紹介しています。毛穴ケアや対策はシルク化粧品がお役に立っています。

毛穴の悩み解消の声、体験談集

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケア基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

 

▲ このページのトップへ