毛穴の悩み対策ケア、角質肥厚と皮脂腺の異常対策ページへ

HOME > 毛穴対策のスキンケア > 毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみ原因から対策が見えてくる!

気になる毛穴の黒ずみ、どうして起こるのか?その原因を探ってみましょう。

毛穴の黒ずみ、2つのパターンがあります。

一つは常に毛穴の黒ずみが目立ち、色々なスキンケアを試みてもなかなか解消できない状況。

二つ目は時間の経過と共に徐々に黒ずみ、夕方にはさらに濃くなっている。

どちらも酸素、紫外線による皮脂(アブラ)の酸化によって黒ずんでくるのでが、どうしてひどくなってしなうのか?、その原因を探ってみましょう。

原因が分かれば対策も必然と見えてきます。

角質層に問題があるのでは?

肌は毎日生まれ変わっています。

この新陳代謝は「肌のターンオーバー」と言われ、不要になった角質は垢となって自然に剥がれ落ち、活き活きした新しい角質細胞が肌表面を覆います。

赤ちゃんの肌、透明感のあるキメの整った肌、こんな時は毛穴目立ちもなく当然ながら毛穴の黒ずみで悩むことはありません!

しかし一旦ターンオーバーが乱れてしまうと、不要な角質は残留し徐々に角質は分厚くなっていきます。

これを『角質肥厚(かくしつひこう)』と言います。

ここから毛穴の黒ずみが始まっていくのです。

毛穴の黒ずみができる仕組み

原因は角質肥厚

1、色々な刺激によって角質肥厚になってくる。

2、毛穴の穴が大きくなり、溝が深くなってくる。

3、不要な角質(垢)や汚れが貯まりやすい毛穴になる。

4、どんどんゴミが貯まってそこに皮脂が混ざり合う。

5、角栓(かくせん)という塊が毛穴の中で形成される。

6、角栓で排泄機能が弱り皮脂腺はストレス状態になる(異常分泌)。

7、アブラ交じりの角栓は空気や紫外線によって酸化する。

8、酸化した角栓は黒くなり始める。

このように毛穴の黒ずみが発生する訳ですが、毛穴にできる角栓、この内容物のほとんどが不要な角質で、約7割を占めています。

角質肥厚になればなるほど角質ゴミが増え、結果的に毛穴の黒ずみ原因を作っていることにつながるのです。

正しい角質ケアで毛穴の黒ずみを解消

角栓の元となる角質ゴミを作らない!これに取り組んだスキンケアを継続しましょう。

上記でも書きましたが、肌のターンオーバーによって角質細胞は毎日生まれ変わっています。

この営みを手助けする洗顔をしましょう。

しかし、毛穴の黒ずみが状態化している場合、肌のターンオーバーも乱れがちで新陳代謝そのものが慢性化していることも考えられます。

対策としてピーリングもおすすめですが、これを続けると肌のバリア機能が弱って敏感肌になることも!

理想はその日できた不要角質はその日に処理!これが一番です。

ソフトな角質ケアができる洗顔料をおすすめします。

また睡眠前、夜に乾燥肌対策としてクリームなどをつけている方、翌朝は水洗顔で済ませていませんか?

睡眠中、肌の新陳代謝は活発で朝は不要な角質が沢山発生しています。

面倒だから、乾燥肌・敏感肌だからといって水洗顔ですませていますと、不要な角質は残り、ひいては毛穴の黒ずみ原因を作っていることになります。

朝の洗顔は洗顔料をつかって丁寧に角質ケア&毛穴洗浄をしましょう。

おすすめの洗顔料「素肌ソープ」

毛穴の黒ずみを抑える方法

毛穴の黒ずみ原因は酸化によるものです。

皮脂は酸化しやすいアブラ、酸化を抑えるスキンケアをしていきましょう。

酸化を抑える抗酸化作用のあるスキンケア成分は色々あります。

例えば、ビタミンC誘導体、ビタミンE、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、そしてシルクもその一つ。

抗酸化成分が含まれる基礎化粧品を使うのも手ですが、シルキーズが推奨するのはこれ!

洗顔後にシルクパウダーとビタミンC誘導体を毛穴の集中ケアとして利用する方法です。

毛穴の黒ずみ対策

シルクパウダーを下地代わり、あるいは下地前につけます。

気になる毛穴目立ちの部分は毛穴奥に入れるような感じで入念につけます。

次にビタミンC誘導体を毛穴部分につけます。

シルクとビタミンC誘導体のW効果で酸化を抑え、時間が経過しても黒ずまないようにします。

補足説明

繊維であるシルクは綿以上に吸湿性と放出性に優れており、毛穴に角栓や皮脂がなまらないようにしますので毛穴ケアには最適です。

しかしシルクパウダーならどれも一緒とは限りません!値段も違えば中身も違います。

シルクは2つのタンパク質、「セリシン」と「フィブロイン」からできており、抗酸化作用が強いのは「セリシン」です。

毛穴の黒ずみ対策は「セリシン」が含まれたものをおすすめします。

おすすめのシルクパウダー

ビタミンC誘導体についてもちょっと説明

化粧水などに配合されているビタミンC誘導体、この成分も色々なものがあり特長も違います。

種類によってはビタミンCの含有量に差があり、その分効果にも差がでます。

ビタミンCの含有量が一番高い「ビタミンCエチル」がおすすめ、持続性や即効性がぜんぜん違います。

おすすめのビタミンC化粧水

酸化以外にメラニン色素による黒ずみもあります。

詳しくはこちらの「メラニン毛穴の対策」をご覧ください。

最後に

毛穴の黒ずみ原因、一言でいうなら

角質ケアができていない!

これにつきます。