シルクパウダー、年代と肌別を見る対策ページへ

HOME > シルクの魅力 > シルクパウダーのご購入者のデータ分析

シルクパウダーご購入者層と肌別データを分析【2019年度】

シルキーズショップがおすすめする野蚕シルクパウダーの新規お客様の分析をしました。

どんな方々がご購入されているのかをまとめましたので参考にしてください。

データ収集は、2019年度の上半期、初めてご購入されたお客様、100人が対象です。

情報収集源は、シルキーズより初めてお買上げの方には買い物カゴのページにてアンケートのご協力をお願いしております。

データ分析の情報源はスマートフォンオーダーのアンケート

このアンケートを集計した結果を分析してみます。

 

シルクパウダーご購入者の年代層

シルクパウダー購入者の年代別グラフ

 

100人中の年代別割合

20代・・・14人

30代・・・24人

40代・・・36人

50代・・・20人

60代・・・6人

一番多い年代層は40代(36%)、次は30代、50代の順になっています。

 

2011年度にもデータ分析をしています。

この年の結果は下記の通りです。

20代・・・26人

30代・・・36人

40代・・・25人

50代・・・9人

60代・・・2人

2019年度と2011年度を比較してみますと、40代、50代と年代層が上っており、50代層は倍以上に増えています。

 

シルクパウダーの説明につきましてはちょこちょこ情報を入れ替えていますが、ほぼ同じ内容ですので、年代層が上った理由としては、デバイス(パソコン、スマホ)の変化が影響しているのではないでしょうか。

2011年度はスマホも普及していましたが、注文者の大半はパソコンからのご注文でした。

当時はホームページ自体もパソコン用のページ構成になっているサイトが多かったです。

しかしここ最近は、パソコンが比較的苦手な人でもスマホなら使える年代層の幅も広くなり、50代、60代でもスマホから情報収集してい方が増えています。

と同時にホームページの作りも更新されています。

2011年頃はまだまだパソコン用のサイトが多く、昨今のようなスマホでも見やすいサイトが少なかったです。

シルキーズでも2013年にスマホサイトに変更しました。

そんな時代拝見からスマホからの検索導入が7割以上となり、シルクパウダーのご購入者層も高くなっているのではと見ています。

 

シルクパウダーの肌別データ

シルクパウダーの肌別購入グラフ

(100名中)

敏感肌・・・・46名

毛穴・・・・・46名

乾燥肌・・・・44名

シミ・・・・・45名

シワ・・・・・30名

アレルギー・・23名

ニキビ・・・・19名

データから見た肌別の見解

肌悩みは重複回答で、合計253件となってます。

1人当たり、平均して2.5個の悩みを抱えていることになります。

一番多いのが毛穴と敏感肌で46名、僅差でシミ、乾燥肌となっています。

 

敏感肌について。

肌に優しいという見方とバリア機能が弱っている自身の肌をシルクパウダーがカバーしてくれるという期待感、完全無添加のフェイスパウダーという商品構成も敏感肌向きと見てご購入されているのではと思います。

 

毛穴について。

シルクには吸収放出性、酸化防止、皮脂コントロールなどの効果があることから、毛穴悩みを解消したい期待が込めれてのご購入かと思います。毛穴カバーは少し弱いです。

 

乾燥肌について。

ほぼ8割ぐらいは敏感肌のセットになっていました。

つまり乾燥肌にチェックが入っている場合は敏感肌にもチェックが入っている重複回答ということです。

肌の乾燥からバリア機能が乱れ敏感肌になっている傾向が多いのではないでしょうか。

肌のバリア機能を担っている「細胞間脂質」を守るスキンケアが大事で、洗い過ぎは要注意です。

 

シミについて。

20代でもちらほらシミにチェックをつけている方があり、30代、40代、50代と層が高くなるにつれてシミで悩んでいる方が多くなっています。

シミ予防としてはシルクパウダーはおすすめですが、一旦できてしまった場合はシルクパウダーだけでは対処しきれません。

 

アレルギーについて。

23名中、約半分の10名が50代から60代という結果になっています。

比較的若い世代が多いと思っていましたが年代を問わずアレルギー肌で悩んでいる方が多いと実感しました。

アレルギーの場合、化粧品に含まれる成分には注視しなければなりません。

安全性の高いシルクが購入の決め手になっていると見ています。

 

ニキビについて。

100人中19名、もっと多いかと思っていましたが以外と少ない結果でした。

2011年のデータ分析では、31名でしたから。

これは購入年代層の関係がありそうです。

上記でも書きましたが、2011年度は若い世代が割合が多かったですが、今回のデータでは40代、50代で半分以上の結果になっていますので、このような結果になったと見ています。

 

アレルギー、ニキビ、毛穴、乾燥肌、敏感肌、シミ、シワ 計6個の項目にすべてチェック入れた方が100人中4名おられました。

 

以上、2019年度シルクパウダーをお買上げいただきました新規のお客様データの結果と店長の個人的見解です。

 

シルクパウダー100%、完全無添加のフェイスパウダー

シルクパウダーの詳細へ

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケア基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

腸内から美活力を高める美肌ケア

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ