スキンケア、冬肌と乾燥肌対策対策ページへ

HOME > 冬肌と乾燥肌対策

冬肌と乾燥肌、この季節のスキンケア!

冬肌スキンケアで必要なことは、言うまでもなく『保湿』です。

しかし保湿の意図をしっかり理解することが大切です。

乳液やクリームなどで蓋をする上辺的な応急処置ではなく、『肌が求めている保湿成分と水分保持能力』について解説します。

 

冬肌の悩み、乾燥やかさつき

~冷たい木枯らし・エアコンや暖房などの乾燥が・・~

冬肌の大敵は、空気の乾燥、寒気と暖房による急激な気温変化等で、肌はかなりダメージを受けます。

まず考えられるのが、肌の水分保持能力の低下によるターンオーバーの乱れ。

その結果、肌の老化を早めたり・トラブル肌を引き起こす肌状態になります。

 

この季節を上手に乗りきる為に欠かせないことは

肌の水分保持能力を低下させない洗顔』と『水分保持能力を高める潤い成分を補う』ことが大事です。

水分保持能力を低下させない洗顔

洗顔がやさしく丁寧に!

まずはメイク落し!

クレンジングには色々なタイプのものがあります。オイル、クリーム、ミルク、ジェル、ローションタイプ等様々。

オイルクレンジングをはじめ、メイク落しにはオイルが配されたものがほとんどです。

オイルが配合されていると言うことは、合成界面活性剤(水と油の分離を防ぐ)も配合されています。

 

オイル系や合成界面活性剤は洗浄力が強い利点はありますが、必要以上に肌の潤い成分も洗い流してしまいます!

潤い成分とは、角質層内の天然保湿因子(NMF)やセラミド、そして皮脂膜です。

 

お奨めのクレンジングは

ノンオイル、ノンアルコール、合成界面活性剤(水と油を融合するもの)が無添加で、肌と同じアミノ酸系ジェル 『クレンジングジェル』がお奨めです。

ジェルタイプはクレンジング力が劣ると言われますが、たっぷり多めの量をとり時間をかければ、普通のメイクも落ちます。

 

つぎに洗顔です

一番の注意点はゴシゴシ洗顔はしない!

強くこすっての洗顔方法はおすすめできません。洗顔料(泡)によって 肌への摩擦感が感じられず、ついつい習慣的に肌(角質層)を強くこすって洗顔しているケースがあります。

肌をこする動作・肌の摩擦は、化粧品添加物以上に強い刺激になり角質層を分厚くし水分保持能力が低下します。

角質肥厚の原因とは?

 

今一度、毎日の洗顔を注意してみて下さい。 また洗顔料ですが、肌と同じ弱酸性で潤い重視のアミノ酸系洗顔料をお奨めします。

 

【まとめ】 
角質層と皮脂腺に刺激を与えないメイク落しと洗顔の継続なり

メイク落し・洗顔時ではどうしても肌をこするという動作が生じます。

肌成分に近いアミノ酸なら摩擦抵抗も軽減できます。

 

肌にやさしいアミノ酸系を!

SILKクレンジングジェル

シーエルケイクレンジングジェル

水溶性のメイク落とし

肌と同じアミノ酸を含んだ水溶性ジェル、潤い重視のメイク落としです。ノンオイル、ノンアルコール。

クレンジングジェル (詳細) 

区切り

 

プロの角質ケア

シーエルケイ素肌ソープ(洗顔料)

角質ケア洗顔料「素肌ソープ」

弱酸性のアミノ酸洗浄剤・シルクパウダー配合のしっとり洗顔ソープです。

素肌ソープ (詳細)

 

水分保持能力を高める潤い成分とは

角質層に存在する潤い成分の補って水分保持能力を高める!

アミノ酸やセラミドを補う。

健康的な角質層内の水分量は、20~30%といわれ、この水分量を保持しているのが、『セラミド』と『天然保湿因子』です。

 

化粧水について

化粧水の役目は、洗顔で流された肌に必要な潤い成分を補うことです。

つまり、角質層内に存在する潤い成分『天然保湿因子』と『セラミド』。

これは肌の水分保持能力の基礎作りに欠かせない潤い成分です。 

その主成分は、複合アミノ酸。

化粧水やローションでアミノ酸をしっかり補います。

また、肌の水分保持能力に欠かせない『皮脂腺の働き』を手助けします。

但し、アミノ酸は水溶性の為、冬場の乾いた空気によって奪われやすいのでこまめに補いましょう。

 

保湿液について

保湿液のポイントも、化粧水と同じく肌内に存在している保湿維持成分の補給が一番です。

それは、『セラミド』と『ヒアルロン酸』です。

「セラミド」は皮膚内部からの水分の蒸発を防ぐ働きがあり、「ヒアルロン酸」は 1gで約6リットルの保水力を持つと言われている保湿成分です。

※ オイル系も水分を逃がさない働きがありますが、皮脂腺に刺激を与え肌本来の水分保持能力の低下をまねく可能性があります。

 

化粧水は手に取って繰り返し3回補う

化粧水や保湿液は手のひらに適量取って、肌を押さえるようにしながら顔全体に馴染ませます。

コットンでパタパタと叩き込んだり、肌上を滑らせたりするのは、「肌への摩擦」になり角質肥厚の原因になります。

そして乾燥が激しいこの季節は3回繰り返しつけるのが基本です。(1分間隔)

 

一度つけには、潤い成分を含むことができる量に限りがあります。

繰り返し肌になじませていくことで、たくさんの潤い成分が肌に浸透し、乾燥肌予防の基盤ができあがります。

 

アミノ酸等の天然保湿因子は水溶性、皮脂線から分泌される皮脂は人工では作ることが出来ないほど薄いアブラです。

空気が乾燥していると、どうしても奪われやすくなります。

化粧水(ローション)や保湿液は3回繰り返してたっぷり補って上げて下さい。

 

【まとめ】
肌が求めている成分、肌内に存在する潤い成分をバランスよくたっぷり補う。

 

アミノ酸やセラミドを補う化粧水

活肌アミノ酸

シーエルケイ素肌ローション

水分補給にシルク配合化粧水

アミノ酸など、天然保湿因子(NMF)をバランスよく配合した弱酸性の化粧水です。

素肌ローション (詳細) 

 

区切り

 

保湿バリア

シーエルケイ保湿ローション

セラミド・シルクパウダー配合

高いトリートメント効果のセラミドとシルクパウダー配合。乾燥した北風やエアコンなどの刺激から肌を守り、肌本来の水分保持機能の手助けをしてくれます。

保湿ローション (詳細)

 

冬肌のスペシャルスキンケア

リプレニッシュクリーム

スーパーヒアルロン酸を配合、エネルギー補給のクリーム

乾燥肌・シワ予防・エイジングケアに!

通常のヒアルロン酸の2倍の水分を保つことのできるスーパーヒアルロン酸を配合。

リプレニッシュ クリーム (詳細) 

 

部屋の湿度もチェック!

冬の季節は特に、エアコン・暖房器具などによって室内の湿度が低下し、肌は乾燥しがちになります。

特に寝る前や就寝中の環境は、肌のコンディションに影響しますので「加湿器を使う」、 「濡れたタオルを部屋に干す」など工夫をして部屋の乾燥を防いでください。部屋の湿度は50~60%程度が理想です。

ちなみにインフルエンザのウイルス対策にも効果があるようです。

 

冬の空気の乾燥は肌に堪えます!

キメ肌に欠かせない水分をどんどん奪ってしまい乾燥肌にしてしまいます。

小まめな潤い成分の補給と保湿力のある美容液やクリームを利用してこの冬を乗り切りましょう。

SILK化粧品シリーズの素肌ローション保湿ローションを2.3度繰り返して補うことも対策になります。

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケアの基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

 

▲ このページのトップへ