アミノ酸で落とすSILKクレンジング対策ページへ

HOME > SILK基礎化粧品シリーズ > SILKクレンジングジェル

完全オイルフリーで界面活性剤も不使用のSILKクレンジング

ほとんどのクレンジングは、油分と界面活性剤を利用してメイクを落とす仕組みになっています。

 

それに対し、このSILKクレンジングジェルは、完全オイルフリー、洗浄用の界面活性剤は不使用、肌に存在する保湿成分「アルギニン」(アミノ酸)でメイクを落します。

 

油分や界面活性剤の洗浄機能には頼っていません!

 

オイルフリー・洗浄用の界面活性剤不使用のSILKクレンジングジェル

 

肌にある保湿成分でメイクオフ

メイクを落としながら潤い補給

油分、洗浄界面活性剤は不使用

98%以上が保湿成分のジェル

マツエク用として絶対おすすめ

 

アミノ酸ジェルのクレンジング

シーエルケイクレンジングジェル

200g 3,888円(税込)

洗浄剤は不使用、オイル・アルコールもフリーのアミノ酸ジェル。

石鹸より洗浄力が弱いのに不思議とメイクが簡単に落ちるし、肌スベリは抜群で摩擦刺激も感じない!

 

乾燥肌、敏感肌、ニキビが出やすい肌、そして油分や界面活性剤による洗浄力に不安を持っている方におすすめのクレンジング商品です。

 

レビューを見る

 

オイルや洗浄剤が不使用の表示!

下記はSILKクレンジングジェルの容器を写したものです。

シーエルケイクレンジングジェルの写し

商品の表示では、

「ノンアルコールで洗浄剤や油性成分を含まない水溶性のクレンジングジェルです。シルクと乳清(乳酸桿菌/乳発酵液)配合で、お肌にうるおいを与えながらやさしくメイクを落します。」

となっています。

 

ではこの表示文についてもっと詳しく説明します。

 

油分や界面活性剤に頼らない!「アルギニン」で落とす!

保湿成分でメイクを落とす!(オイル・洗浄剤には頼らない)

市場にある99%以上のクレンジング商品は、“オイル”“界面活性剤” を使って(もしくはどちらかの成分を使って)メイクを落します。

 

しかし、
このSILKクレンジングジェルは違います!

メイクは肌に近いアミノ酸成分「アルギニン」や「シルクアミノ酸」などの乳化作用を利用して優しく落します。

アミノ酸ジェルに含まれる保湿成分が浸透、メイクは乳化して落とす

メイクを落している間、アミノ酸ジェルに含まれる保湿成分が角質内に浸透してみずみずしい肌へ導きます。

 

アルギニンとは

私達のからだ、筋肉、臓器、皮膚を作っているたんぱく質は、20種類のアミノ酸からできていて、その一つに「アルギニン」があります。

生体内では、成長ホルモンの分泌を促進、免疫力を高める、疲労回復をサポート、血流改善の効果などがあると言われています。

 

一方、スキンケアとしては、肌細胞を潤している天然保湿因子(NMF)の主成分がアミノ酸、その中にアルギニンがあり、保湿、バリア機能の改善、ターンオーバーを整える代謝機能に関与しています。

 

実はこのアルギニン、こんな特長があります。

それは、乳化作用に優れているということ。

乳化とは、交わらない水と油が混じり合う現象をいい、この特長があるのでメイクにもよく馴染みます。

またアルカリ性であり、石鹸のような洗浄機能も持ち合わせています。
(商品自体は弱アルカリ性)

 

オイルフリーだからこそ保湿成分が活きる!

アミノ酸ジェルの中身は、シルクや乳清をはじめ保湿成分がたっぷり!

ジェルの成分

 

なんと98%以上が肌をうるおす保湿成分からなるジェルです。

洗浄機能を担っている「アルギニン」も真の保湿成分。

配合している全てが水溶性成分、油分を入れると水溶性のみずみずしい保湿性が消されますから、オイルフリーにしてます。

 

メイクを落しながら角質内にある天然保湿因子に近いアミノ酸やミネラル(活肌アミノ酸)を補給、クレンジング後も化粧水を補ったようにします!

メイクを落とした後のお肌

みずみずしい保湿VSべたつき保湿

みずみずしい保湿とは

洗顔後でもさっぱりとした感覚ながら肌のつっぱりは感じない。
これは角質内に天然保湿因子や細胞間脂質(セラミド)がバランスよくあり水分が保たれた状態、肌のターンオーバーもスムーズになります。

 

べたつき保湿とは

油分を残してしっとりを感じさせる、浸透しないのでべたつき感がある。
油性は粘着力が強く古い角質がこびり付いたり毛穴を詰まらせる、また化粧水の浸透力も低下、ターンオーバーを乱す原因になります。

 

クレンジングの配合成分を見る

市販やネットで紹介されているクレンジングの配合成分をチェックしてみてください。

成分を見る

調べてみると“油分”“界面活性剤” が配合されているものが多いはずです。

油分は「●▲◆オイル」「◆●▲油」と記入してあるので分かりやすいと思いますが、問題は界面活性剤?どれがそうのか分りません。

 

見分けるコツは、成分名に「ラウリン酸」、「ヤシ油」、「PEG」、「グリセリル」「7.10.20などの数字」などの文字が含まれているものが多いです。

例えば「ラウリン酸ポリグリセリル-10」、「ヤシ油脂肪酸 PEG -7グリセリル」、「トリイソステアリン酸 PEG-20グリセリル」他、こんな成分が配合成分表示の前半に記載されいます。

これらの成分はりっぱな合成界面活性剤、ただ石油系ではないので「不使用」とか「優しい」のキャッチコピーに利用され、お客様が印象操作されやすいです。

 

それに対し
このSILKクレンジングジェルをみてください!

石油系の界面活性剤は不使用」、「石鹸素地」、そんな中途半端な内容でごまかしていません!

↓これが容器の写しです。

クレンジングジェルの成分表示

各配合成分の解説へ

 

クレンジングなのに、1行目、2行目、3行目、・・6行目までに「●●油」と書いたオイル系や洗浄用の界面活性剤の表示がありません。

化粧品は配合量の多い順に表示しなければならない規則があります。
(但し1%未満は順位に規則なし)

表示の最後の方に「コカミドDEA」、「ココイルアルギニンエチルPCA」とい界面活性剤があります。

表示順位が証明している通り、配合量は1%未満、もはや入っていないくらいの少量です。

例えるなら敏感肌用の化粧水レベルと同等。

 

なぜ化粧水にも界面活性剤が配合されているの?

各成分が偏らないようにすることと、保湿成分の浸透を高める為です。
配合率を1%未満にしているのは、界面活性剤の影響が出ない境界値でもあります。

 

マツエク用に絶対おすすめ!

マツエク用のクレンジング

マツエク用としておすすめする理由は、オイルフリーだけではありません!

繊細なまつ毛に界面活性剤の洗い過ぎ刺激を与えません!

シルクに含まれるアミノ酸がまつ毛のキューティクルを保護します。

またデリケートなまつ毛の根元部分は優しい保湿ジェルで守ります。

マツエク専用のクレンジングとは

も参考にしてください。

 

クレンジング力は平均以上

クレンジング力は★★★~★★★★。(最高値5つ)

オイルフリー、洗浄剤(界面活性剤)が不使用でもメイクが落ちるか実験です。

 

実験その1

マットリップとファンデを濃いめにつけて3時間放置。

口紅とファンデをつける

 

クレンジングを適量のせてクルクルなでると口紅やファンデが混ざってくる。

SILKクレンジングが乳化している様子

 

サーッと水で洗い流すとご覧の通り!

SILKクレンジングで口紅もファンデも綺麗に落ちた実験の結果

 

実験その2

今度はアイライナーを追加して2時間放置

1、キャンメイク ジェルライン(ウォータープルーフ)
2、メイベリン ハイパーシャープ ライナー(お湯で落ちるリキッド)

アイライン、リップ、ファンデによる実験

 

SILKクレンジングを適量のせてクルクルなでると乳化し始める。

アイライン、リップ、ファンデにクレンジングを載せ乳化させる実験

 

サーッと水で洗い流した結果です。

SILKクレンジングでアイライン、リップ、ファンデを落した実験結果

キャンメイクのアイライナーは残りましたが、オイルや洗浄用の界面活性剤に頼らなくても普通のファンデやリップは簡単に落ちました。

 

メイクを落とす時、肌摩擦も感じない!

保湿ジェルは肌スベリが抜群!

垂れない!

肌に優しい成分で時間を気にすることなく丁寧に洗える!

スベリより良さのイメージ

摩擦による刺激も低減!

プルプルの弾力性ジェルのテクスチャーだから肌スベリが抜群です。

圧をかけゴシゴシこすろうとしても滑ってしまい摩擦を寄せ付けません。

 

お客様の声

必須アイテム

友人と食事中に入浴中から感じる肌の乾燥と角栓が気になって仕方ないことをポロッと言ったとき、洗い過ぎかも?と指摘され、こちらのジェルを紹介してくれました。
敏感肌で季節の変わり目はいつも使っている化粧品でもピリピリすることもあるほどで、初めて使う化粧品は怖い・・・という不安も【ノンアルコール、オイルフリー、洗浄剤(界面活性剤)不使用】で払拭。
じゃあ使ってみよう!
で、気付けばリピートしています(笑)
お風呂上りでも肌の乾燥は気にならないし、角栓も目立たなくなっています。すごい!
やっぱり余計なモノっていらないですね。
シンプルが一番!!!!!

クレンジングがとても良いです

オイルクレンジングはなるべく肌にのせておきたくないけど、手早くしてしまうときちんとメイクが落とせない。
こちらはそんなこと気にせずゆっくりメイクと馴染ませることができます。
意外とメイクと馴染みが良くて驚きです。
つっぱりもありません。
洗顔と併せて使用していますが肌にツヤがでてきました。

使い心地がよい

オイルクレンジングはベタつくので使いたくない。これは肌馴染みもよく、メイクもよく落ち、肌の負担がない。これ以上にいいメイク落としはない。

メイクしてない日も

メイクしない日もこれでパックの様に塗って、マッサージすると、肌色が明るくなって潤った感じになります。濃いメイクはオイル系のメイク落としでガッツリ落とすので、やはり、乾燥してきてしまっていましたが、オイルクレンジングの後にシルクソープで洗い、最後にこのジェルを使ってだいぶ乾燥しなくなりました!薄いメイクの時はこのクレンジングジェルとシルクソープでばっちりです。

クレンジグがよかった

化粧水も洗顔も特に可もなく不可もなく普通かなぁと感じました。

保湿ローションがちょっと洗剤のようなにおいでどうにも受け付けられませんでした。(匂いにわりと敏感な方です)

クレンジグは、本当に気持ちよくてお風呂の楽しみになっています。クレンジングはリピートしたい気持ちでいます。

 

モニター結果レビューを見る

 

初めてのお客様へ お願いです。

当店で初めてお買い上げの場合、
代金引換もしくはクレジット決済のどちらかのお支払方法となります。

※ どちらの場合も支払手数料は無料です。

お支払方法詳細

 

お買上げ金額、5,000円未満の場合は送料かかります。

基本送料:500円(税込)
北海道・沖縄地区:1,000円(税込)

 

クレンジングジェル ご注文へ

SILKクレンジングジェル

クレンジングジェル

内容量 200g

ポイント:189

価格:3,888円(税込)

2本セットもご用意!

アミノ酸クレンジングジェル

クレンジングジェル
2本セット

ポイント:365

価格:7,300円(税込)

SILK化粧品セット価格あります

発売元:シルキーズ Made in Japan

クレンジングジェルのご使用方法と注意事項

一度限りの嬉しい特典

はじめての方はこちらから

キャンペーン特別セット

SILK化粧品のセット

特別セットの詳細ページへ

 

SILKクレンジングジェルの全成分

水/グリセリン/BG/ペンチレングリコール/アルギニン/加水分解シルク/ホエイ(牛乳)/褐藻エキス/セイヨウオトギリソウ花・葉・茎エキス/オウゴンエキス/イノバラ果実/シャクヤク根エキス/ワレモコウエキス/トウキ根エキス/アロエフェロックス葉エキス/クララエキス/マグワ根皮エキス/オタネニンジンエキス/カルボマー/コカミドDEA/グリチルリチン酸2K/アラントイン/PCA-Na/ココイルアルギニンエチルPCA/ポリクオタニウム‐51/ヒアルロン酸Na/

 

クレンジングジェル全配合成分の詳しい解説

オイル・アルコールフリー、洗浄剤(界面活性剤)は不使用、香料、パラベンなどは無添加!

 

クレンジングジェルの使用方法

1、クレンジングジェルをティースプーン1~2杯分手に取ります。

濡れた手でも可能なので入浴時でもOK!
マツエクもOK!

2、クレンジングジェルを顔全体にのばします。水溶性なのでよく伸びることがおわかりいただけます。

3、1~2分ほどマッサージしながらクレンジングジェルとメイクをなじませます。

4、最後に、汚れやメイクが混ざったクレンジングジェルをぬるま湯で洗い流します。

※落ちにくいポイントメイクは専用のリムーバーをご使用ください。 

水性の保湿ジェルなのでスベリもよく、肌摩擦を軽減!

 

【ご使用上の注意】

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
お肌に合わないとき、使用を中止してください。

化粧品ご利用の注意事項を参照

 

クレンジングに関する参考ページ

敏感肌にいいクレンジングとは

200名のモニター結果

クレンジングジェルのよくある質問の一覧

クレンジングにかける時間がキメ肌を左右する

肌に負担を与えない湯ぶねクレンジング

オイル配合のクレンジング剤でないとダメ?

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

おすすめの集中ケア化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

腸内から美肌ケアに

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ