保湿とバリアUPでシルク肌

更新日:2021年6月7日

天然セラミド配合の化粧水
「シーエルケイ保湿ローション」

SILK保湿ローション

肌が持つセラミドに近い天然セラミド(セレブロシド)を配合した保湿型の化粧水「シーエルケイ保湿ローション」。

とろみのテクスチャーながらスーッと浸透して、べたつかず肌の内側から潤い感を演出します。

pH値5前後の弱酸性の保湿液で、バリア機能が弱った敏感肌、保水能力が弱った乾燥肌、肌のキメが粗い方におすすめです。

セラミドが注目される理由

最近、セラミド入りの化粧品が人気のようですが!?

セラミド配合の化粧品

肌表面の角質層は、水分を逃がさない「保湿機能」と雑菌や化学物質などの外部刺激から肌を守る「バリア機能」を果たしています。

保湿とバリアに一番貢献しているのが “セラミド” であることが各研修機関や美容専門家から報告され、注目されるようになりました。

保湿力は、コラーゲンやヒアルロン酸よりもはるかに高く、『保湿の王様』といったところです。

そして、肌が持っている保湿成分というのが “優しいイメージ” を植え付け、各化粧品メーカはもとより、消費者のあいだでも人気に拍車がかかっています。


セラミド配合の化粧水、どれがおすすめ!

スキンケア用に開発されたセラミドは色々な種類があります。

大きく分けると4つあります。

【天然セラミド】
現在はほぼ馬から抽出されており、動物性であることから人のセラミドに近いと言われています。

【バイオセラミド】
酵母などを利用して生成したセラミドで、肌が持っているセラミドの型に似た構造を持っています。

【植物セラミド】
米ぬか油などから抽出した植物由来のセラミドですが、肌が持っているセラミドとは一部構造が異なっています。

【疑似セラミド】
化学的に合成した類似のセラミド、やや効果が劣ると言われていますが、安価で多く利用されています。

これら4タイプのセラミドが化粧水やクリーム、美容液などに配合されています。

では一番おすすめのセラミドばどれ?

色々な角度から見ていきましょう。

天然 VS 人工
安全性や人に近いものという観点から見ても「天然」が勝ります。

動物性 VS 植物性
優しいイメージがあるのは「植物性」、しかし人は動物です。有効性や安全性という点では「動物性」の方が優れています。

人が持つセラミドは色々
角質内にあるセラミド分子は300以上、型は解明させているだけで12種類ともいわれています。すべての型を補うのは難しく、またセラミドは細胞間脂質の50%ほどに過ぎません。

細胞間脂質の組成円グラフ

角質細胞の隙間にあるのは、正確に言うならセラミドではなく「細胞間脂質」という保湿因子です。
セラミド単体を補っても細胞間脂質のすべてをカバーすることはできません。

細胞間脂質(セラミド)が作るラメラ構造

以上、タイプ別のセラミドを色々な角度から見てきましたが、人の肌に最も適しているのは「天然セラミド」ということになります。

肌のバリア機能を強化する

セラミドは保湿だけでなくバリア機能のケアにも貢献してますが、そのバリア機能に関して、この保湿ローションにはシルクパウダーを配合しています。

シルクパウダーによるバリア機能

具体的な働きは、シルク繊維特有の吸湿性、放湿性でうるおいをコントロール、UVカット、酸化予防でしっかりバリア機能を補助します。

レビュー投稿の紹介

レビューからPickup

涼子さん
★★★★ 4点

ファミリーで愛用してます

シルキーズさんよりこのシリーズを購入してからもう10年くらいになるでしょうか。
小中学生の息子たちがニキビやアトピーなどでトラブルを起こしたときに、素肌ローションや保湿ローションをつけておくように勧めていました。
今ではもう誰がいつ使っているのかよく把握していませんが、常に洗面台には乗っていて、なくなると、「ローションなくなった…」と言ってきます。
そろそろ自分で買ってほしいのですがね。

hisaさん
★★★★★ 5点

素肌、保湿ローションセット

乾燥肌でシワ、たるみ、そばかすが気になり、色んなモノを試してました。
顔は敏感肌ではないのですが、手のひらがアトピーで、相性が悪いと手がかゆくなり、なかなか落ち着いて使えそうなものが見つからずシルキーズをwebで知り、とりあえずトライアルを注文させてもらいました。
使ってみると劇的な変化はないものの私の手に変化はなく、やさしい感覚です。
使い心地もサッパリで保湿ローションもベトベト感は全くなく気に入りました。
値段も手頃ですし洗顔なども揃えようと思います。
効果はまだ実感ないですが落ち着いて長く使ってみようと思います。

kudouさん
★★★★ 4点

いい感じです

仕上げに保湿ローションを肌に乗せるような感じで優しくつけるとカサカサ感がすぐに治ります。
オイル系のケアで蓋をしなくてもこんなに保湿できるなんてびっくりしています。 最近は、自分が乾燥肌であることを忘れて暮らしているくらいです。 保湿ローションはハンドクリーム代わりにも使っています。
お陰様でこの冬は、ヒビやアカギレになりませんでした!!


 

この商品の全レビューを見る

評価4.8
レビュー投稿 19件

レビュー投稿へ


初めてのお客様へ

一度限りの嬉しい特典

SILK化粧品4点セット
通常価格13,500円が
5,000円(送料無料)
※2回目以降の定期便はありません

30日間の返品保障

詳細ページへ


ご注文の特典と買い物カゴへ

ポイント 5%還元 実施中!

ポイント還元には、会員登録(登録・年会費は無料)が必要です。
(登録なしでも買い物は可能です)

二重登録のご注意!
ご注文の度に会員登録をされますと、会員情報が重複して正しくポイントが加算されませんのでご注意ください。
以前に会員登録されたかどうかは、ログインページでお確かめください。

【送料のご案内】
お買上げ金額、5,000円未満の場合は送料かかります。
基本送料:500円(税込)
北海道・沖縄地区:1,000円(税込)

リピーターの方ご注文へ

シーエルケイ保湿ローション

シーエルケイ保湿ローション
内容量 95mL

ポイント:209

価格:4,180円(税込)

JANコード:4580785750049
ブランド、メーカー:シーエルケイ

 

2本セットもご用意!

シーエルケイ保湿ローション2本セット

シーエルケイ保湿ローション
2本セット

ポイント:395

価格:7,900円(税込)

発売元:シルキーズ Made in Japan

保湿ローションのご使用方法と注意事項

保湿ローションの全配合成分

精製水、グリセリン、BG、ホエイ(乳清)、DPG、ペンチレングリコール、シルク、加水分解シルク、セレブロシド(天然セラミド)、ベタイン、ヒノキチオール、グリチルリチン酸ジカリウム、甘草エキス、ローズマリーエキス、シャクヤクエキス、カミツレエキス、オトギリソウエキス、シナノエキス、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、PCA-Na、アルギニン、乳酸Na、カルボマー、PEG-60水添ヒシマ油、フォノキシエタノール

※シルク(家蚕)

全成分の詳しい解説へ

シルクを守る8つの無添加

SILK化粧品の無添加基準とは

「保湿ローション」の使用方法

1、保湿クリーム・美容液代わりとしてご使用ください。

2、素肌ローションのあとにつけるとより効果的です。

3、手に適量とり、手の平全体でまんべんなくなじませていきます。

特に肌あれや角質が損傷している部分、乾きやすい目元・口元・頬の部分は指の腹に保湿液をつけて念入りに補って下さい!

※コットンは肌に刺激を与えますのでお使いにならないでください。

【安全上のお知らせ】

お肌に異常のある時、お肌に合わない時はご使用をおやめください。 使用中または使用後、お肌に赤味・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑)や黒ずみなどの異常があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、皮膚科専門医などへのご相談をおすすめします。 目に入った時は、直ちに水かぬるま湯で洗い流してください。 直射日光の当たる場所を避けたり、乳幼児の手の届かない場所で保管してください。

化粧品ご利用の注意事項を参照

文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井貴信